日本顕微鏡学会第77回学術講演会 シンポジウムS-8


「ナノテクノロジープラットフォーム・微細構造解析プラットフォーム


 10年間の活動と成果」(6/16)開催のお知らせ




【日時】2021年6月16日(水)9時05分~15時15分

【場所】つくば国際会議場 B会場(2階中ホール200) ※オンライン併用開催

【参加申込方法】参加には日本顕微鏡学会第77回学術講演会への参加登録(参加費あり)が必要です。
        http://conference.wdc-jp.com/microscopy/conf2021/sanka_info.html

【プログラム】

09:05-09:15 挨 拶
      江頭 基(文部科学省 研究振興局[ナノテクノロジー・物質・材料担当])
09:15-09:35「最先端微細構造解析共用基盤の構築によるマテリアルイノベーションの加速」
      藤田 大介¹、竹口 雅樹¹(¹物質・材料研究機構)
09:35-09:55「ナノテクノロジー・プラットフォームで培われた先端材料共同研究」
      松村 晶¹(¹九州大学)
09:55-10:15「北海道大学微細構造解析プラットフォームにおける活動と成果」
      柴山 環樹1、松尾 保孝21北海道大学大学院工学研究院,2北海道大学電子科学研究所)
              ~休憩~
10:30-10:50「先端的放射光利用技術の開発と共用」
      片山 芳則1、寺岡 有殿11量子科学技術研究開発機構)
10:50-11:10「NIMS微細構造解析プラットフォームの10年間とこれから」
      田中 美代子11物質・材料研究機構)
11:10-11:30「産総研ナノ計測施設「先端計測分析機器の開発と公開」」
      齋藤 直昭1、松林 信行2、浮辺 雅宏2、中村 健11産業技術総合研究所 計量標準総合
      センター、2産業技術総合研究所 エレクトロニクス製造領域)
11:30-13:00       ~昼食休憩~
13:00-13:20「東京大学におけるナノテクノロジーPFと先端電子顕微鏡法の役割および今後の展望」
      幾原 雄一1, 2、柴田 直哉1, 2、石川 亮1, 2、熊本 明仁2、森山 和彦1
     (1東京大学総合研究機構、2東京大学次世代電子顕微鏡法社会連携講座)
13:20-13:40「京大微細構造解析プラットフォームの活動と成果」
      倉田 博基11京都大学 化学研究所)
13:40-14:00「支援の向こう側に見えてきたもの - 装置共用と研究開発 -」
      今野 豊彦11東北大学 金属材料研究所)
              ~休憩~
14:15-14:35「ナノテクノロジープラットフォーム微細構造解析プラットフォームにおける
       JAEAの歩み」

      吉越 章隆1、塩飽 秀啓1、松村 大樹1、福田 竜生1、田村 和久1、藤森 伸一1
      竹田 幸治1、斎藤 祐児1、菖蒲 敬久1、米田 安宏1、吉井 賢資1、岡根 哲夫1
      西畑 保雄1、矢板 毅11日本原子力研究開発機構)
14:35-14:55「阪大ナノプラにおける超高圧・クライオ電顕による共用実績と今後の展開」
      保田 英洋¹(¹大阪大学)
14:55-15:15「名古屋大学 微細構造解析プラットフォームの利用例」
      荒井 重勇1、山本 剛久11名古屋大学)


【お問い合わせ】
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
微細構造解析プラットフォーム推進室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2139
Mail:acnp(at)nims.go.jp

【参考ちらし】

   イベント詳細