TOPASについて

TOPAS2018募集要項

TOPAS会則要約

 (1)趣旨:
機構内の指名された職員に加え、機構外からも広く参画を募り、構造材料に関わる研究活動、標準化活動、情報交流活動、人材育成を行う。TOPASの活動は、クラスターを基礎組織単位として年度単位で推進する。
 
(2)構成および統括:
TOPASは、機構の構造材料研究拠点に設置する。
プラザディレクター  :土谷 浩一(つちや こういち)
プラザコーディネーター:堤  直人 (つつみ なおと)
 
(3)クラスター :
3-1 クラスターの設置は拠点の定年制職員からの提案に基づき、プラザディレクターが設置する。また、クラスターの中止についてもプラザディレクターが決定する。
3-2 クラスターはTOPASの趣旨に即した異分野融合活動の基礎組織単位であり、プラザディレクターが責任者であるクラスター長を指名し、日常的にはクラスター長の主導によって運営される。
3-3 基本的にクラスター内は研究情報を共有するが、クラスター外への情報公開は、会則に則って制約・管理される。
3-4 TOPASアソシエイトは以下の区分のいずれかとなる。
①プラザディレクターが指名した機構内職員
②TOPAS会則で定められた書式に基づき登録申請し、審査の結果登録が認められた会員に所属する個人(会員登録の申請時に同時に審査)
③必要に応じてプラザディレクターが指名する有識者
 
(4)会員(機構外からの参加):
4-1 参加を希望する機関は、機構内の設置規定に基づき、活動に関して必要な運営項目が定められた細則である「TOPAS会則」を認 めた上で、クラスター毎に会員登録の申請を行う。
4-2 会員は参加するクラスターに対して常に一以上の TOPAS アソシエイトを登録しなければならない。
4-3 クラスターへの参加に対する会費の徴収はない。
 
(5)TOPASアソシエイト (NIMS外来研究者ないしは任期制職員):
5-1  TOPAS アソシエイトの登録を行う会員は 必要な書式を添えて、プラザディレクターに提出する。なお、会員が参加するクラスターに対して登録申請する TOPAS アソシエイトの人数については制限を設けない。
5-2  プラザディレクターが TOPAS アソシエイトと認めたものには、TOPAS アソシエイト登録書を拠点長が発行し、機構の規定に基づいて機構における外来研究者(オープンラボ研究者等)又は任期制職員として受け入れる。
5-3  外来研究者については、機構は給与、赴任旅費及び謝金を支給しない。
5-4  TOPASアソシエイトは、クラスター活動への参画の仕方により、種々の会議体への参加に限る個人(アソシエイトⅠ)および、クラスターの研究活動に実際に従事する個人(アソシエイトⅡ) に区別し、申請時にいずれかを選択する。
5-5 やむを得ない事情がない限り年度の途中において退会することはできない。但し、人事異動などによりTOPASアソシエイトを期中で変更する場合には、別途、変更申請を行う。

以上


募集を行うクラスターの詳細説明ページ

※接着材料クラスター(責任者 内藤昌信)については、責任者が人事異動により当拠点の所属から
離れるため、活動を一時休止します。ご了承ください。

申請から登録までの流れ

1    申請前の事前確認について
会員への参加を希望される機関は、申請前にTOPAS会則及び誓約書(オープンラボ研究者用)を必ずご確認いただき、同意の上で申請を行ってください。
※審査の結果申請が採択された場合、TOPASアソシエイトは各自、上記誓約書に署名いただき(自筆)、書面にてご提出いただく必要があります。
申請前に予め内容をご確認いただき、ご所属先機関にてご協議の上、申請を行ってください。



2 会員およびTOPASアソシエイトへの申請

必要書類は以下3点です。
別紙様式Ⅰ-1 (会員登録申請書 :Word形式)
 ※会員申請書に記入する代表連絡窓口は別紙様式Ⅰ-2で申請するTOPASアソシエイト会員の中からお選びください。
別紙様式Ⅰ-2 (TOPASアソシエイト登録申請書 Word形式)  
アソシエイト登録シート(Excel形式) 写真は入構許可証を発行する際に使用しますので、鮮明なものを貼付してください。

ファイル形式は変えずに電子ファイルにてお送りください。
【申請書類提出先・お問い合わせ先】
物質・材料研究機構
構造材料研究拠点運営室
E-mail : TOPMR=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)



3 審査

提出いただきました申請書を元に審査を行います。会員およびTOPASアソシエイト、両方の審査を同時に行うため、多少の期間を要しますので、あらかじめご了承ください。審査結果はメールでご連絡いたします。


4 採択された会員、TOPASアソシエイトへの書類送付
登録されたTOPASアソシエイトご本人宛て、又は申請時に記載いただいた「窓口となるご担当者様」を通して、順次以下の書類をお送りいたします。
  • 会員登録書
  • TOPASアソシエイト登録書
  • 招聘状
  • 誓約書

5 NIMSへの受入手続きに必要な提出書類

上記4点各書類をご確認いただけましたら、以下の書類を別途指定する提出期限までに下記送付先まで郵送にてご送付ください。
  • 誓約書 (押印・署名後)
  • 本人確認書類の写し(免許証、パスポート、健康保険証のいずれか)
  • 秘密情報開示先申請書(希望者のみ) 
【書類郵送先】
〒305-0047
茨城県つくば市千現1丁目2-1
物質・材料研究機構 構造材料研究拠点運営室

6 入構許可証の交付
2018年4月1日より、Ⅰ型(会議参加)の方へ入構許可証は発行しませんので、会合などでNIMSに来所される際は、都度、守衛所で入構手続きを頂きますようご理解の程、宜しくお願いいたします。
クラスター設置のガイド
ページトップ