ホーム > 研究活動 > 口頭発表(2018) > 第一原理計算と情報統合型手法による新磁石化合物の探索

研究活動

第一原理計算と情報統合型手法による新磁石化合物の探索

第5回成果報告会第5回「京」を中核とするHPCIシステム利用研究課題 成果報告会、THE GRAND HALL (品川)

2018年11月2日(金)

深澤太郎(産総研)

Abstract

永久磁石は多くの工業製品に用いられており、それらの競争力強化につながる高性能な新規磁石の開発が期待されている。本研究では磁石の性能に関わる物性値について、第一原理電子状態計算を行うことでビッグデータを生成した。これらは磁石化合物の探索と高性能化の機構の解明に有用に用いることができる。今回はこのデータを基に行った、ベイズ最適化を用いた機械学習による磁石化合物の探索手法の開発について発表を行う。



研究活動

文部科学省

文部科学省
元素戦略プロジェクト(活動紹介)
NIMS磁石パートナーシップ

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合