ホーム > 研究活動 > 口頭発表(2018) > 情報統合手法による磁石物質開発

研究活動

情報統合手法による磁石物質開発

日本金属学会2018年秋期(第163回)講演大会

2018年9月20日(木)

三宅 隆

Abstract

スパコンや先端的な計測手法から多くのデータが得られるようになり、情報統合手法による 物質・材料研究が世界的な注目を集めている。効率的な新物質探索、大量の実験データの解析、計算 と実験のデータ同化などデータ駆動科学の適用範囲が広がりを見せている。本講演では、情報統合手 法の全般的な話題からはじめ、計算科学と機械学習を組み合わせた希土類遷移金属化合物の探索につ いて報告する。


研究活動

文部科学省

文部科学省
元素戦略プロジェクト(活動紹介)
NIMS磁石パートナーシップ

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合