ホーム > 研究活動 > 口頭発表(2017) > Nd-Fe-B焼結磁石の副相Nd-Fe合金に関する第一原理計算的研究

研究活動

Nd-Fe-B焼結磁石の副相Nd-Fe合金に関する第一原理計算的研究

第3回CDMSI(ポスト「京」重点課題(7))シンポジウム ~次世代の産業を支える新機能デバイス・高性能材料の創成~(物性研究所)

2017年12月5日(火)

立津慶幸、相内優太、合田義弘

Abstract

本研究では, Nd-Fe-B焼結磁石における粒界相の構造同定を目的として, dhcp, fcc, bcc NdxFe1-x合金(0 < x ≤ 1)のモデル構造に対して第一原理計算を行った. 合金のランダムネスを比較的小さなユニットセルを用いて再現するためにSpecial Quasirandom Structure法を用いてNdとFeの初期配置を決定した. その後, 第一原理計算コードOpenMXを用いて各モデル構造の構造最適化を行い, エネルギー差を比較した. 解析の結果, Ndの割合減少に伴いfcc的な構造が最安定となることが理解された. また, Feの割合が5割以上占める段階では, 結晶的ではなく、より複雑なアモルファス的な構造となることが分かった.


研究活動

文部科学省

文部科学省
元素戦略プロジェクト(活動紹介)
NIMS磁石パートナーシップ

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合