ホーム > 研究活動 > 口頭発表(2016) > 第一原理計算による微量元素添加型Nd2Fe14Bの磁気異方性解析

研究活動

第一原理計算による微量元素添加型Nd2Fe14Bの磁気異方性解析

日本物理学会2016年秋季大会

2016年7月21日(木)
(2016.07.21 更新)

立津 慶幸,常行 真司,合田 義弘

概要

Nd-Fe-B磁石における材料組織界面近傍の微量元素がNd2Fe14B主相の電子状態及び磁気状態にどのような影響を及ぼすのかを評価すべく、Nd_2Fe14Bに第4周期元素を添加したバルクおよびスラブモデルの第一原理計算を行った。第一原理計算プログラムとして、擬原子基底を用いたOpenMXを使用した。計算の結果、種々の原子でFeの4cサイトの置換は生成エネルギーの観点からも安定なこと、さらにこの置換により置換サイトに近接するNdの磁気異方性の改善が確認された。


研究活動

文部科学省

文部科学省
元素戦略プロジェクト(活動紹介)
NIMS磁石パートナーシップ

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合