ホーム > 研究活動 > 2020年 > Magnetic Microscopy Using a Circularly-Polarized Hard-X-ray Nanoprobe at SPring-8

研究活動

Magnetic Microscopy Using a Circularly-Polarized Hard-X-ray Nanoprobe at SPring-8

Synchrotron Radiation News Volume 33, 2020 - 4-11

2020年4月5日(日)

M. Suzuki (JASRI), H. Yumoto (JASRI), T. Koyama (JASRI), H. Yamazaki (JASRI), T. Takeuchi (JASRI), N. Kawamura (JASRI), M. Mizumaki (JASRI), H. Osawa (JASRI), Y. Kondo (AIT), J. Ariake (AIT), A. Yasui (JASRI), Y. Kotani (JASRI), N. Tsuji (JASRI), T. Nakamura (JASRI, ESICMM-NIMS), S. Hirosawa (ESICMM-NIMS), K. T. Yamada (Kyoto Univ.), S. Kim (Kyoto Univ.), K.-J. Kim (Kyoto Univ.), M. Ishibashi (Kyoto Univ.), T. Ono (Kyoto Univ.), and H. Ohashi (JASRI)

Abstract

SPring-8 BL39XUで開発された放射光硬X線磁気顕微測定に関して、装置性能の概要と主要な研究成果について報告する。主な研究成果のうち、元素戦略磁性材料研究拠点の成果として、(1) 硬X線走査顕微測定によりNd-Fe-B磁石の磁化反転過程を可視化し、元素分布/組織構造との相関を明らかにした研究、および(2) 硬X線磁気トモグラフィー測定により、Nd-Fe-B粒子の内部の磁区構造を3次元的に観察した結果を紹介する。

その他特記事項

 文部科学省「低炭素社会構築に向けた研究基盤ネットワークの整備」事業, 科研費 (Grant No. 23360016, 15H05702, 17H02823), NEDOグリーンITプロジェクト



研究活動

文部科学省

文部科学省
元素戦略プロジェクト(活動紹介)
NIMS磁石パートナーシップ

元素戦略拠点

触媒・電池元素戦略拠点
触媒・電池元素戦略研究拠点 (京都大学)
東工大元素戦略拠点
東工大元素戦略拠点 (東京工業大学)
構造材料元素戦略研究拠点
構造材料元素戦略研究拠点 (京都大学)
高効率モーター用磁性材料技術研究組合
高効率モーター用 磁性材料技術研究組合