2015年8月27日

第5回講習会終了 - お知らせ

おかげさまで、5年半ぶりのX線反射率法講習会を終了することが出来ました。

ご協力いただいた講師ならびに準備関係のご協力を頂いた全関係者の皆様、どうも有難うございました。

以下、アンケートのサマリです。

今後ともよろしくお願いいたします。


アンケート結果サマリ
====================
受講申込み受付総数 30 (第1回63 第2回50、第3回30、第4回27)
取り消し       1 (第1回1、第2回1、第3回0、第4回1)
欠席         0 (第2回2、第3回1、第4回0)
出席者数      29 (第2回47、第3回29、第4回26)

実習コース分け
       A 3名  B  7名  C 19名 合計29名
      当日のコース変更をOKにしたら、予想を超える変更があった
  (第2回 A 6名  B 18名  C 20名 合計46名)
  (第3回 A 6名  B  7名  C 16名 合計29名)
  (第4回 A 3名  B  5名  C 17名 不参加 1名 合計26名)

アンケート回答数  28 (回収率96.6%)
         (第2回93.6%、第3回96.6%、第4回96.2%)

満足度分布(10点満点)
 10 0名、9 3名、8 12名、7 6名、6 2名、5 1名
 無回答 4名
 無回答を除いた24名の平均 7.58

(参考)第4回
 10 4名、9 6名、8 4名、7 3名、6 1名、5 2名
 無回答 5名
 無回答を除いた20名の平均 8.15

(参考)第3回
 10 4名、9 5名、8 7名、7 4名、6 2名、4 1名
 無回答 5名
 無回答を除いた23名の平均 8.04
 なお、無回答5名のうち2名が「中級編受講希望」と記入

(参考)第2回
 10 4名、9 5名、8.5 1名、8 16名、7 9名、
  5 1名、3 1名、2 1名、無回答 6名
 無回答を除いた38名の平均 7.75
 なお、無回答6名のうち3名が「再受講したい」と記入

講義内容について
「とても難しかった」と「難しかった」をあわせて70%を超え、過去4回と比
較しても難しかったようだ。「やさしかった」は皆無。

実習内容について
「普通」が82%。「難しかった」と「やさしかった」も少数ながらあった。

---------------------------------------------------------------------
アンケート結果についての桜井の私見

○過去の第1~4回に続き、高い回収率であり、詳しいコメントが書かれた
ものもある。受講者は真摯に回答したと考えられ、また回答内容は至極
もっともに思える。謙虚に受け止め、将来に生かすべき。

○今回のアンケートでの受講者の平均満足度は(大きな差ではないが)過
去最低である。講義内容を難しかったと感じた受講者が圧倒的に多いこと
と関係がりそうに思う。この点は、過去の講習会でも何度か問題になって
おり、これからX線反射率法を覚えて使えるようになろうと思って講習会に
参加している受講者に対して、まず習得すべき基礎知識や各種の注意事
項を伝えるすることに成功していないことを認めなくてはいけない。「X線反
射率法入門」の書籍の草稿を書いていた頃の議論内容を思い出す。それ
ぞれの講師も、5年半のブランクでなかなか感覚を取り戻せないもどかしさ
を感じながら、よく努力して準備したと思うが、これまで以上に入門者にとっ
て助けになる、もっと有用な工夫を導入する必要がある。たった1日の講習
会なので、どのみち多くのことを一度には伝えられない。盛り沢山な内容を
短い時間に圧縮して詰め込むようなスタイルはよくないと戒めていたはずが、
どうも今回、うまくできなかったようだ。毎回反省しているが、今後も改良を
続ける必要あり。

○実習は、受講者自身がPCとソフトウエア、自ら解決したい課題とデータを
持ち込むAコース、受講者はPCのみを持参し、講師が解析ソフトウエアと課
提供して解析を体験するBコース、受講者はPCなどを持参しなくてもよく、
講師がシミュレーションや解析の実演や解説をするCコースがあり、ほぼ毎回
同じスタイルを踏襲している。しかし、この間、社会環境の変化があり、Aコー
ス希望でも、会社のソフトウエアを講習会の会場に持ち出すことが容易ではな
い、Bコースでは配布するソフトウエアをUSBでは受け取ることができない
などの問題が起きた。今後は、方法の工夫が必要である。Bコースでは、講習
会の1週間前から研究会Webサイトから事前ダウンロードできるような仕組
みにできないか検討したい。

○実習は、本講習会の大きな特色であり、通常の講義では伝えにくい実践的な
識、技術を効果的に説明して習得してもらう機会である。特に実践を伴うA,
Bコースはうまくいけばよい成果につながる。マンツーマン体制に近いAコー
スは伝統的に好評で、今回も人数が少なかったことは、むしろ受講者の利益に
つながったと考えられる。人数が6名を超えて増えた場合、対応は容易ではな
いが、特色ある企画であり、今後も継続が望まれる。Cコースでは、今回も経
験のある人と本当の入門者が混在して参加していた。A,B、Cのコースの切
り分けがファジーであることの悪い面は、体験以前の内容を習得したい受講者
がおいていかれるような結果を生むことである。切り分け方法は未解決であり、
第5回目でもまだうまくいっていない。

○相談デスク(午前の休憩時間と昼休み)は、利用者数は以前の講習会に比べ少
なかったが、特段の理由があるわけでもないようだ。

○講義、実習、相談デスクについて、不十分点がなお残るとしても、何よりも長
いブランクを乗り越えて講習会を再開することができたことの意義は大きい。
多様な受講者のニーズにどうこたえるかは永遠のテーマであるかもしれないが、
諦めることなく、来年の次回は、今回よりもよりよい講習会にする努力を継続。

○開催場所を第4回東京から第3回以前のつくば千現に戻した。会場準備は容易
になったが、多くの受講者は遠方からこんな不便なところにやってくるのだか
ら、プログラムは、無駄のないように構成するべき。前回までにはなかった要
因として、守衛所での受付や面会票へのサインなどで時間がとられることも今
後計算にいれるべき。

○第6回講習会にむけて
・既に日時、会場は決定。来年8月最終週、場所はつくば千現。実習は3コース
維持するが、1Fの2部屋に集約予定。
・開催規模は今後も受講予定者数30名、講師6名程度で考える。受講費はリピー
ター割引きを導入。ただし、リピーター云々以前に、講習会の本来の意義(何
のためにやっているのか)に立ち返り、もっと入門者にとって有益、有用なカ
リキュラム・内容にする努力がまず重要。

2015年6月30日

秋の応用物理のプログラム見通し - お知らせ

秋の応用物理(9/13~16, 名古屋国際会議場)の本研究会と関係の
深いセッション「7.4 量子ビーム界面構造計測」は、
 9/14(月) 9:30 ~ 11:15
になる見通しです。

また、終了後、続いて研究会を開催する予定です。
11:30~13:30 (弁当申し込み)
「あいち放射光施設の最新状況」         竹田美和(あいちシンクロトロン)
「プローブ顕微鏡とX線分光のコラボレーション」 鈴木秀士(名大工)

以上、速報をお知らせしました。

2015年6月21日

秋の応用物理、申し込み締め切り(6/23(火)17時) - お知らせ

秋の応用物理(名古屋国際会議場)の申し込み締め切りは明後日17時です。
どうぞお忘れなく。

登壇申込(日本語)
http://meeting.jsap.or.jp/entry.html

Abstract Submission(English)
http://meeting.jsap.or.jp/eng/entry.html

7.4 の口頭発表は9月14日の午前、ポスター発表は同日午後後半または夕刻の予定です。

2015年5月21日

2015年第5回研究会御礼 - お知らせ

本日、5月21日(木)、東京・神保町の学術総合センターにて、本研究会の2015年
第5回研究会を開催いたしました。

出席者7名(敬称略)、山崎(東大)、朝倉(産総研)、和達(東大)、
宮田(CROSS東海)、鈴木(名大)、永村、桜井(NIMS)

の皆様には、ご多忙な中、ご参集くださり、また午後1時から午後4時まで
熱心な討論をして頂き、有難うございました。
(今回も休憩なしでした。すみませんでした。)

1.「共鳴軟X線小角散乱によるナノスケール磁気テクスチャの観測」山崎裕一(東大)
2.「軟X線発光分光による蓄電池材料のオペランド電子状態解析」朝倉大輔(産総研)

の2つの講演をうけ、活発な討論が行われました。
ご講演頂いた山崎さん、朝倉さん、どうも有難うございました。

軟X線共鳴散乱で、ホログラフィやコヒーレント回折イメージングの手法を駆使して
スキルミオンやカイラルソリトンを観察する研究や in-situ での実験が一般には
難しい軟X線領域で、リチウムイオン電池の動作下での発光スペクトルを調べる研究
の報告で、非常に刺激的でした。

6月はお休みにします。
7月は、物質・材料研究機構千現地区で開催されるNIMSコンファレンス 2015
に便乗したいと思っています。その前後に、海外の招待講演者を囲んで追加のミ―
ティングなども検討するかもしれません。ご関心のある方はご連絡ください。

★7月15日(水) 9:00~12:00
 物質・材料研究機構千現地区(NIMSコンファレンスに便乗)
 招待講演(6名)
 Michael Bedzyk, Alain Gibaud, Do Young Noh、石川哲也、柏原輝彦、小原真司

会合の御礼まで

2015年4月22日

2015年第4回研究会御礼 - お知らせ

本日、4月22日(水)、東京・神保町の学術総合センターにて、本研究会の2015年
第4回研究会を開催いたしました。

出席者9名(敬称略)、平野馨一、高橋由美子(KEK)、羽田(東工大)、
宮田(CROSS東海)、上ヱ地(リガク)、川村(日亜化学)、小池(JAEA)、
永村、桜井(NIMS)

の皆様には、ご多忙な中、ご参集くださり、また午後1時から午後4時近くまで
休憩なしのぶっ続けで熱心な討論をして頂き、有難うございました。
(でも、次回からは途中休憩をいれましょうか)

1.「倍率可変X線ブラッグ光学系の開発と応用」 平野馨一(KEK)
2.「フェムト秒時間分解電子線回折法を用いた無機化合物のダイナミクス・ト
ポロジカル絶縁体から光記録材料まで」 羽田真毅(東工大)
3.「J-PARC/MLF中性子反射率ビームラインの最新状況」 宮田登(CROSS東海)

の3つの講演をうけ、活発な討論が行われました。
ご講演頂いた平野さん、羽田さん、宮田さん、どうも有難うございました。

自在ズーム機能を備えたX線イメージング、フェムト秒の超高速電子線回折、
J-PARC の中性子反射率と、一見するとかなり異なるように見えるテーマでした
が、話題提供者にとっても聴講者にとっても学ぶところの多いよい研究会だった
と思います。

来月も同じ場所でミニ研究会を開催します。今後もよろしくお願いいたします。
来月は5月21日(木)です。

会合の御礼と今後の予定のご案内まで

2015年3月21日

学会報告 - お知らせ

先週の学会での「 7.4 量子ビーム界面構造計測」のサマリをお送りします。学会のホームページにも掲載される予定です。

秋の名古屋でもどうぞよろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
「7.4 量子ビーム界面構造計測」(オーラル11 件、ポスター5 件)

本中分類は、X 線、中性子、電子線等の量子ビームを活用した埋もれた界面の構造計測に関するあらゆる学術的論を行うことを目的として新たに設立された。オーラル、ポスターをあわせた16件の内訳は、X 線光電子分関係3件、X 線反射率関係3件、中性子反射率関係3件、各種機能デバイス界面評価3件、ポンプ・プローブ高速解析関係2件、高温結晶成長その場観察1件、SPM・放射光連携による化学イメージング新技術1件、波計測による構造イメージング新技術1件である。いずれもたいへん興味深い講演であり、会場から多数の質疑答が続き、討論時間が全く足りない状況であった。多種多様な系の薄膜・多層膜の不均一構造や時々刻々の変を含む種々の未解決問題が取り上げられ、また、その計測の基礎技術、装置、データ解析の新手法にもこだわた討論が行われた。講演奨励賞の申請もあり、若手の参加による今後の発展の芽が感じられたことも有意義でった。これまでビーム応用の大分科に明確な形ではキーワードが書きこまれていなかった中性子関係の講演がわったことは、界面構造の計測が厚みを増し、一層の学術的理解が進むことに寄与すると期待される。

Archives