入試

早稲田大学-NIMS連係大学院の入試について(外国学生向け)

 早稲田大学-NIMS連係大学院では、先進理工学研究科ナノ理工学専攻で3年制博士課程(博士後期課程)の学生募集をしています。最先端の物質科学研究に意欲的に取り組んで博士号を取得しようとする大学院学生を募集します。

重要
本連係大学院では、出願前の面接審査に合格していることが出願の条件となっております。受験をご希望の方は、必ずNIMSジュニア研究員の様式・スケジュールにて応募し、書類・面接審査を受けてください。

募集要項

  • 大学院入試、学費など詳細については、
         Admissions for Doctoral Program のウェブサイトでご確認ください。

    ※ 日本人学生の出願資格等については、早稲田大学理工センターのウェブサイトをご参照下さい。
    (問い合わせ先:早稲田大学理工センター事務部 

  •     【出願締め切り】2017年 5月 19日
        【入学検定料】日本国内に居住する者 27,500円
                               日本国外に居住する者 7,000円

    連係大学院募集概要

    • 募集人員 若干名
    • 入学時期 平成30年4月
    • 出願資格 外国学生が本大学の大学院に入学を希望する場合は、外国において教育を受け、修士の学位又はこれに相当する学位を得ている必要があります。

      日本の大学の学部または大学院を修了した者は、本ウェブサイトでご案内する外国学生入学試験に出願できません。日本人学生の出願資格等については、早稲田大学理工学術院のウェブサイト および 博士後期課程一般入試(社会人含む)の入試要項 をご参照の上、事前に事務部までお問い合わせ下さい。
      (早稲田大学理工センター事務部 email:

    出願に必要な書類の内、特に注意が必要なもの

     全ての書類の詳細については、必ず早稲田大学理工学術院のウェブサイトで確認すること。

    • GRE General Test 及び GRE Subject Testのスコア
      上記スコア提出は必須ではありませんが、提出が望ましいものです。GREスコア・レポートの提出は、ETSから早稲田大学に直接行われなければなりません。
       早稲田大学理工学術院の大学コードは 4978 です。
       
    • 修士論文
      修士論文の記載言語は、何語でも構いません。ただし、修士論文概要書は、日本語または英語で作成してください。
       
    • 経費支弁書
      NIMS Graduate Research Assistantshipに応募の上、面接選考を通過した方には、NIMSで準備することが可能です。以下のメールアドレスにお問い合わせください。
      (email:
       
    • 英語のスコア
      母国語が英語の者、及び修士課程を英語圏の大学院で終了した者以外は、受験時から2年以内のTOEFL,TOEIC, IELTS等のスコアカードを提出してください。(TOEIC-IP(Institutional Program) および TOEFL-ITP(Institutional Testing Program) は認められません。)
       TOEFLのスコアは、早稲田大学理工学術院のコード(2874:Waseda University- Faculty of Science & Engineering)を使用し、ETSから直送してください。

* こちらのページでは、外国学生の入試情報を主に掲載しています。
日本人学生の出願については、早稲田大学理工センターのウェブサイトをご参照下さい。