ホーム > 共用設備・技術 > 7つのステーション > 高輝度放射光ステーション

SPring-8の高輝度単色X線による原子配列構造・電子構造解明

SPring-8内のNIMS専用ビームライン (BL15XU) では、2.2~36keVの広いエネルギー範囲の高輝度単色X線を利用して、原子配列構造および電子構造を解明し、材料開発に役立てています。

News

「コバルト酸鉛の合成に世界で初めて成功し、新規の電荷分布を発見」の画像
2017.03.21 更新 プレスリリース

コバルト酸鉛の合成に世界で初めて成功し、新規の電荷分布を発見

—鉛、コバルトの両方に他に例のない電荷秩序、イオン価数制御の新手法により機能性酸化物の開発に期待—

2016.10.28 更新 プレスリリース

Ruナノ粒子の構造と触媒活性との関連を見いだす

~局所構造、平均構造の数値化で実現 機械学習用データを集積し新材料の創製に貢献~

2016.03.08 更新 プレスリリース

「小さくなると、閉じたゲートが開閉する」多孔性材料 :

-薄膜化により多孔性金属錯体に隠されたゲート開閉機構を発見-


お問い合わせ先

高輝度放射光ステーション
〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
SPring-8内
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029