ホーム > 研究情報 > 研究体制

専門別に分けられた3研究部門と流動的な人員配置の新体制

2011.04.01 更新

※このページ内容は更新中

第三期中期計画のNIMSでは、持続可能な社会構築という課題に応えるために、これまでの組織を3つの研究部門に再編しました。新体制では、各部門は専門分野別に構成されていますが、部門に所属する研究者たちは、部門の壁を越えて様々な研究に参加できるようになりました。

ひとつの研究課題を多分野の研究者で挑む

第三期中期計画の研究体制の特長

第二期中期計画では、ひとつの研究プロジェクト (運営費交付金プロジェクト) をひとつの研究センターが担当するという、"1対1"の体制で行っていました。この体制は、ある研究プロジェクトに対してセンターが一丸となって集中的に取り組めるというメリットがありましたが、近年、ひとつの研究課題を解決するためには、多方面の分野の力を融合し、協力して進める必要があるケースも多くなってきました。

関連画像
そこで、第三期中期計画のNIMSでは、様々な分野の力がひとつの研究に融合的に加わる"1対多"の研究体制のもと、これまでに培ったナノテクノロジー技術や共通基盤技術のさらなる高度化とその活用によって、地球規模の課題の解決につながる研究に全力で挑みます。


研究部門・センターとそれに所属する研究ユニットの一覧

機能性材料研究拠点
無かったモノ、作れなかったモノを創る、そして未来を育む
エネルギー・環境材料研究拠点
エネルギー・環境材料に関する世界トップ拠点を目指して
磁性・スピントロニクス材料研究拠点
省エネデバイスのための磁性・スピントロニクス材料の基盤研究
構造材料研究拠点
国土強靭化と産業競争力強化のための構造材料研究を産学官融合で推進する拠点
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
ナノテクノロジー・材料科学における世界トップレベルの研究機関を目指す
先端材料解析研究拠点
マテリアルイノベーションを加速する先端的なテクノロジー
情報統合型物質・材料研究拠点
情報統合型の新しい科学を用いた物質・材料研究を進めるイノベーションハブ
研究組織・支援組織一覧
NIMSの各研究グループや研究支援部門の概要情報は、こちらをご覧ください

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029