ホーム > 広報活動 > イベント・セミナー > 2017年 > 第111回先端計測オープンセミナー

第111回先端計測オープンセミナー

高感度分析法としての固体NMRの幾つかの挑戦

開催日: 2017.10.20 終了


日時

2017年10月20日 (金) 15:00~16:00

会場

国立研究開発法人 物質・材料研究機構&
千現地区 研究本館8階 中セミナー室
交通案内 →こちら

参加方法及びお問合わせ

事前登録は必要ありません。
当日会場で受付いたします。
お問い合わせは、右記事務局までご連絡ください。

講演者

山内一夫 (沖縄科学技術大学院大学 機器分析セクション セクションリーダー)

表題

高感度分析法としての固体NMRの幾つかの挑戦

講演要旨

様々な分析化学手法の中で、NMRは他の分析法では得られない情報が得られる方法として過去・現在・そして未来も認識されている。しかしながら分析化学の中でNMRを一つとして考えたときに感度の低さは大きな弱点として捉えられている。そのため微量試料の高感度化・短時間測定は過去から現在まで常に課題になっており「NMR手法」の研究課題として重要な位置を占めている。今回はこのような微量試料の高感度化・短時間測定の挑戦をとして現在固体NMRの微量高感度測定の基礎となった高速MAS1mmプローブの開発などを紹介する。


イベント・セミナーデータ

イベント・セミナー名
第111回先端計測オープンセミナー
高感度分析法としての固体NMRの幾つかの挑戦
会場
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
千現地区 研究本館8階 中セミナー室
開催日: 時間
2017.10.20
15:00~16:00
参加料
無料

お問合わせ

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 先端材料解析研究拠点運営室
Tel:029-851-3354 内線3861
Fax:029-859-2801
E-Mail: amc=ml.nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
2017.11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029