二次電池材料グループ

固体電解質は固体であるにもかかわらず、液体と同様にイオン伝導を示す材料です。固体電解質を用いると、長寿命の電池とすることができるほか、可燃性有機溶媒を用いているリチウム電池においては安全性の課題を抜本的に解決することができます。二次電池材料グループでは、このような固体電解質を用いた二次電池の開発を進めています。

専門分野・研究対象

二次電池の高性能化には、電池部材の高機能化に加え、電池部材間の接合界面で生じる現象を正しく理解し、この界面をも高機能化することが重要です。二次電池材料グループでは、この界面現象が電池性能に支配的な影響を及ぼすこと、界面現象を引き起こすものが界面に形成された空間電荷層であることを明らかとしてきました。この機構に基づき、新規な界面設計を導入した全固体リチウム電池は、すべての電池部材が不燃性のセラミックスであるうえ、液体電解質を用いた市販リチウムイオン電池と同等の性能を発揮します。


お問い合わせ先

二次電池材料グループ
〒305-0044 茨城県つくば市並木1-1
E-Mail: TAKADA.Kazunori=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)