ホーム > 研究情報 > 機能性材料研究拠点 > ナノフォトニクスグループ

ナノフォトニクスグループ

光を用いてナノメートル領域の物質の性質を調べる手法や,光の波長よりも小さな構造物を用いて光波を制御する手法,さらには,制御された光の場を利用して物質の光学的性質を改変する手法をナノフォトニクスと呼びます。ナノフォトニクスグループでは,高度なリソグラフィ技術や自己成長技術で独自に作製するナノ構造体を対象として顕微分光測定や理論解析を行い,新概念による光機能と光デバイスの創出を目指しています。

専門分野・研究対象

ナノフォトニクスグループの研究対象は,量子ドット,量子リング,量子テトラポッド等の半導体ナノ構造,高度な光波制御を実現するフォトニック結晶,プラズモニック結晶,メタマテリアル,あるいは,チオシアニン色素の会合体による有機ナノファイバー等,広範囲に及びます。これまでに,フォトニックバンド端における光の自然放出の2重増強,フォトニック結晶共振器を利用したGaAs量子ドットの発光増強,ナノファイバーのポラリトン光伝搬などの新現象を見出すとともに,光の異常透過を利用した新しいタイプのカラーフィルターを実現しました。


グループリーダー

(くろだ たかし)

黒田 隆

(くろだ たかし)


お問い合わせ先

ナノフォトニクスグループ
〒305-0044 茨城県つくば市並木1-1
E-Mail: KURODA.Takashi=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)