メカノバイオロジーグループ

メカノバイオロジーは,生命現象や病態における物理的な「力」の役割を研究する学問分野で,核酸やタンパク質などに注目する従来の分子生物学を補完するものとして注目を集めています。当グループでは,ナノアーキテクトニクスのコンセプトに基づいた新しい材料や方法論を開発しており,これらを利用してメカノバイオロジーの基本原理の解明を目指しています。それと同時に,得られた知見をもとにした創薬・医療支援デバイスの開発にも取り組んでいます。

専門分野・研究対象

1.刺激応答性 (スマート) 材料の開発とメカノバイオロジー応用
2.生体適合性材料の精密設計とメカノバイオロジー応用
3.細胞移動や上皮間葉転換のメカノバイオロジー


グループリーダー

(なかにし じゅん)

中西 淳

(なかにし じゅん)


お問い合わせ先

メカノバイオロジーグループ
〒305-0044 茨城県つくば市並木1-1
TEL: 029-860-4569
E-Mail: NAKANISHI.Jun=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)