材料特性理論グループ

近年の計算材料科学・ナノサイエンスの進展とそれを支える計算機の高度化は、材料特性の起源に対する従来の理解の見直しを迫っています。我々のグループでは、従来の物質観にとらわれない新しい特性・概念の創出を目指すとともに、ナノスケール以下での電子の振る舞いに立脚した精密かつ定量的な理論計算をもとに、そこから導かれる物質・材料の各種特性についての研究を行っています。

専門分野・研究対象

本研究グループでは次の研究を行っています。
  • トポロジカル絶縁体の量子輸送。
  • 光学特性の理論と光学的手法による特性制御。
  • 弾性相互作用により誘起される構造変化特性。
  • 磁場中の電子状態と応答現象に関する精密理論。
  • 遷移金属酸化物など磁性物質の物性の現実的モデル化。
  • 新規分子性固体の理論的探索。
  • 表面・界面・欠陥を含む系の構造・電子状態・ダイナミクス。
  • 層状物質の構造・各種特性の系統的理論構築 。
  • モンテカルロ緩和過程を用いた量子臨界現象の解析。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)