磁性材料解析グループ

ミクロスケールから原子レベルで組織を解析し、特性発現のメカニズムを解明

 磁性材料、スピントロニクス素子、半導体デバイスや構造材料などの広範な機能性材料について、TEM等の各種電子顕微鏡法、独自に開発したレーザー3次元アトムプローブ等の手法を相補的に用い、ミクロスケールから原子レベルで組織を解析し、特性発現のメカニズムを解明することにより、材料の機能性向上、新材料、デバイスの開発に寄与します。また磁気特性の発現メカニズムを解明するために、ローレンツTEMや磁気光学顕微鏡による磁区観察にも取り組んでいます。

専門分野・研究対象

関連画像

 磁気デバイスや半導体デバイスの機能と構造の関係を理解するためには、異相界面の原子レベルでの構造・組成情報を得る必要があります。そのため最先端の走査電子顕微鏡法、透過電子顕微鏡法を活用すると同時に、世界最先端のレーザーアトムプローブの開発にも取り組んでいます。


お問い合わせ先

磁性材料解析グループ
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
E-Mail: OHKUBO.Tadakatsu=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)