NIMSポスドク研究員 3名

任期制: エネルギー・環境材料研究拠点, 界面計算科学グループ

2017.12.11 任期制 研究職


募集分野(職種) NIMSポスドク研究員 (任期制)
募集人数 3名
所属 エネルギー・環境材料研究拠点, 界面計算科学グループ 
業務(研究)内容 文科省ポスト「京」重点課題5・科研費特別推進・JST-ACCEL・JST-ALCA-SPRING・NIMS‐MI2Iのいずれかのプロジェクトの下、二次電池・触媒内の化学反応機構解明や電極・電解質材料探索を行う。特に界面現象に着目し、必要に応じて手法開発も行う。以下のようなテーマを想定。
(1) 二次電池界面のデンドライト形成機構の応用計算研究・手法開発
(2) 二次電池の濃厚電解液および界面被膜現象の応用計算研究・手法開発
(3) 固液界面における電位窓制御機構に関連する応用計算研究・手法開発
(4) 二次電池・触媒の電極 - 電解液現象向けの理論・計算技術の開発 (バイアス印加手法、酸化還元反応計算手法、QM融合手法)
(5) 二次電池正極・負極材料に関する第一原理計算研究
詳細は以下のwebを参照のこと。
http://www.nims.go.jp/group/nscs/advertisement-j.html
応募資格
  1. 着任時までに博士号を取得しているまたは取得予定の方。
  2. 第一原理電子状態計算の経験を有する方。
  3. Fortran90やpython言語のプログラムの作成・改良経験を有する方、または今後取り組む意欲のある方。
  4. 共同研究グループ内の活動・議論に積極的に参加できる方。
  5. 英語でのコミュニケーションに積極的に参加できる方。
着任時期 2018年4月1日以降
任期 年度毎の契約 (ただし年次審査により更新、延長可)
勤務地 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 並木地区 (茨城県つくば市並木1−1)
勤務時間 裁量労働制 (みなし労働時間は1日あたり8時間15分) 。ただし当機構の任期制職員就業規則による。
休日・休暇 土・日・祝祭日、当機構の定める休日・休暇
給与・待遇 当機構の任期制職員給与規程に基づき、年齢・経験を考慮して決定する (通勤手当支給、健康保険、厚生年金保険及び雇用保険並びに労災保険の適用有)
※固定残業代あり (任期制職員給与規程 第10条第3項参照)
※試用期間あり (任期制職員就業規則 第37条第2項参照)
応募方法 下記の書類を応募書類送付先まで電子メールにて送付すること。
  1. 履歴書 (NIMS指定様式、写真貼付)
  2. 業績リスト (誌上発表、口頭発表等)
  3. これまでの研究概要 (A4用紙2ページ以内)
  4. 自己アピール (応募者の有する理論・計算関連の技術・経験、今後の抱負など : A4用紙1ページ以内)
  5. 主要論文別刷り2編
  6. 本人に関する意見を聞ける方 (2名) の氏名、所属、連絡先 (e-mailアドレスを必ず付けてください。)
提出していただいた書類は返却いたしませんのでご了承ください。
応募に際していただいた情報は、選考目的以外には一切使用いたしません。
書類送付先 下記問い合わせ先
応募締切 適任者が見つかり次第終了
選考方法 書類選考の上面接を実施します。 (随時)
お問い合せ先
館山 佳尚 (たてやま よしたか)
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
エネルギー・環境材料研究拠点/情報統合型物質・材料研究拠点
E-Mail: TATEYAMA.Yoshitaka=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029