疲労・腐食グループ

疲労は機械や構造物の安全な設計、保守管理などのために重要な力学特性であり、疲労破壊は多くの事故原因となっている。本グループでは、エネルギー効率化に貢献する高機能材料を対象として、過酷な環境下でも長期に渡って健全な疲労特性を保障する破壊メカニズムに立脚した革新的評価技術の開発を行っている。さらに、材料情報ステーションに兼務して、疲労強度が重要となる機械や構造物に用いられる実用材料について、疲労特性を系統的に明らかにし、データシートとして広く公表する活動を行っている。
Fatigue is important property for safe design of machines and structural components. Fatigue group aims at developing the innovative fatigue life evaluation methods based on fracture mechanism under the severe environment for advanced materials contributing to high energy efficiency. Furthermore, NIMS data sheet have been published for practical use materials for automobile, aircraft, electric power plant, bridge and so on.

専門分野・研究対象

機能特性が発現する最小組織単位に対応する微小領域の力学評価技術と、環境過酷化に伴う加速疲労試験技術、さらに疲労寿命予測のための基盤技術の組合せによる多角的な疲労現象の解析を目指している。主な研究として、①マイクロ領域を対象とする微小反発硬さ試験機の開発、②微小領域の応力—ひずみ曲線の評価、③高温用超音波疲労試験装置の実用化のための研究、④先進材料のギガサイクル疲労特性評価のための基盤技術、⑤高温環境下で雰囲気に依存する疲労寿命支配因子の解析を行う。

Outline of research
1) Development of the micro repulsion hardness testing machine for microstructure
2) Development of evaluation method of the stress - strain curve for the micro region
3) Research for the ultrasonic fatigue testing at high temperatures
4) Gigacycle fatigue properties of advanced materials such as lightweight alloys
5) Characterization of the fatigue fracture mechanism depending on environment for space use materials


お問い合わせ先

疲労・腐食グループ
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
E-Mail: HAYAKAWA.Masao=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029