疲労・腐食グループ

材料信頼性および規格・基準策定において必要な長期材料データを取得して疲労データシート、腐食データシート、宇宙関連材料強度データシートとして発信します。

専門分野・研究対象

疲労データシート (Fatigue DS)

「マルチ回転曲げ疲労試験機  (3年間の疲労試験)」の画像

マルチ回転曲げ疲労試験機  (3年間の疲労試験)


「超音波疲労試験機  (1週間の疲労試験)」の画像

超音波疲労試験機  (1週間の疲労試験)


国産実用材料の疲労データを系統的に整備。全ての試験をNIMSで実施するため、ばらつきが少ないです。現在は、3年間の疲労試験や加速試験によるギガサイクル疲労データを中心に拡充を進めています。
・Fatigue properties of machine structural 
  materials
      Low- and High-cycles properties
      Giga-cycle properties
      Ultrasonic properties
・Materials: 
     Carbon steels, Low alloy steels, Stainless steels, Spring steels, 
     Tool steels, Aluminum alloys, Titanium 
     alloys, Magnesium alloys.
・Fatigue properties of welded joints
・Elevated temperature fatigue properties
・Elastic modulus


宇宙関連材料強度データシート (Space Use Materials Strength DS)

「ロケットエンジンの使用環境 (極低温~高温)」の画像

ロケットエンジンの使用環境 (極低温~高温)


「ロケットエンジン材料を評価する極低温試験設備」の画像

ロケットエンジン材料を評価する極低温試験設備


H-IIA/B ロケットをはじめとする宇宙構造物用材料の極限環境下での力学特性評価法を確立します。引張、破壊靭性、疲労の各種特性を評価するとともに、取得データは強度余裕評価や設計改良に反映されます。
・Evaluation of mechanical properties of materials in 
  severe environments for H-IIA/B Rocket engine
・Materials: 
    Titanium alloys, Nickel based alloys, Stainless steels,    
    Cobalt alloy, Aluminum alloy, Cupper alloy
・Properties: 
    Tensile, Fracture toughness, Charpy impact, 
    Fatigue crack growth rate, Low-cycle fatigue, 
    High-cycle fatigue, Creep
・Testing temperature: 
    4K, 20K, 77K, 293K, 767-923K  
 


腐食データシート (Corrosion DS)

「屋外で使用される鋼製橋梁」の画像

屋外で使用される鋼製橋梁


「つくば屋外暴露施設 概観」の画像

つくば屋外暴露施設 概観


材料の腐食は、多湿や塩害の影響が強い臨海プラントや橋梁、船舶などで重要な問題で、防食技術には大きなコストがかかります。こうした用途の材料や一般的構造材料の環境による腐食性に関するデータを収集しています。
・Atmospheric corrosion properties
      Fe-Cr and Fe-Ni binary alloys.
      Fe-Al and Fe-Si binary alloys.
      Carbon steel and Weathering steels
      Fe-P and Fe-Cu binary alloys
・Amount of weight loss
・External observation of test specimens


お問い合わせ先

疲労・腐食グループ
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
E-Mail: HAYAKAWA.Masao=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029