ホーム > 研究情報 > 機能性材料研究拠点 > 電子セラミックスグループ

電子セラミックスグループ

電子セラミックスは、我が国の産業において、世界をリードする分野のひとつです。セラミックスとは、一般に、原料となる粉末を焼き締めてつくった陶器や磁器を指します。特に、電子セラミックスと呼ばれるものは、絶縁性、導電性、磁性、光学特性などの電子の振る舞いが機能に強く関与したセラミックスであり、かつ、スマートフォンやパソコンなどの電子機器、あるいは、変電所や車輌のような電気回路に組み込まれて使われます。近年、製造技術の発展や部品の小型化への要請により、必ずしも、何かを焼き固めたチップ状のものとは限らず、極めて薄い膜の状態であったり、あるいは、単結晶の形態で用いられるものもあります。
本グループでは、その電子セラミックスの特性のさらなる高度化、あるいは、電子セラミックスを製造するための製造技術などについての検討を進め、進歩の著しい情報・通信技術、あるいは、省エネルギーのための技術などのさらなる進展に寄与することを目指した研究・開発を進めています。

「ガラスと結晶とからなる複合焼結体の電子顕微鏡写真(担当 : 瀬川)」の画像

ガラスと結晶とからなる複合焼結体の電子顕微鏡写真
(担当 : 瀬川)


「セラミックスの界面で観測される整流特性」の画像

セラミックスの界面で観測される整流特性




国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029