クリープグループ

構造材料の信頼性向上のため、材質劣化機構の解明や評価技術の開発を行う

発電プラントや輸送用機器、橋梁等の各種機械構造物では、クリープや疲労、水素脆化、応力腐食割れ等の時間に依存した材質劣化や損傷が問題となります。とくに、高経年化プラントの数が増加しつつある現在、それらの健全性の確保は重要な課題です。また、最新の技術を導入した各種機器では、機器の長寿命化や高性能化のため、材料の使用環境は益々苛酷になり、構造材料の信頼性の確保が必須です。実際の機械構造物では、長期使用後にそのような材料の劣化や損傷が顕在化することが多いことから、時間変化量の極めて小さな動的現象を計測・解析・評価・予測する技術を開発し、材料信頼性評価技術を高度化させるための研究を推進します。


お問い合わせ先

構造材料試験プラットフォーム
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
E-Mail: KIMURA.Kazuhiro=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029