ホーム > 研究情報 > 統合型材料開発・情報基盤部門 > 統合型材料開発・情報基盤部門 部門長挨拶

統合型材料開発・情報基盤部門 部門長挨拶

「ビッグデータ」や、「データ駆動」、IoT、そして「マテリアルズ・インフォマティクス」といった言葉が世をにぎわして久しく、物質・材料の研究開発をめぐる世界情勢や国の政策も様変わりしました。
そうした中、実験、理論、計算科学に、第4の科学としてデータ科学を加え、これらを最適に組み合わせることによって、物質探索や材料開発の方法論を革新することを目指し、政府主導のプロジェクトがいくつも立ち上がっています。NIMSとしては、これら国のミッションを受けとめて、我が国競争力強化に向け、学術界、産業界と緊密に協力しつつ貢献していくのが責務、と肝に銘じております。
NIMSが責任をもって一元的に取り組むために、今般、新たに「統合型材料開発・情報基盤部門」(MaDIS: Research and Service Division of Materials Data and Integrated System)を設立しました。

目指すべきは「使われてこその材料」の研究開発を革新し、抜本的に加速することです。どのように使われるのか (性能) を見極め、それに最適な組成・組織と特性を有した材料を、最適なプロセスで効率的に合成・加工するために有効な研究開発方法を編み出していくことを期待しています。
また、物質・材料研究の専門機関であるNIMSには、信頼性の高い多様な材料データも豊富にあります。「使われてこそのデータ」をつなぐ高度なアプリケーション開発を展開することにより、大いに我が国全体の物質・材料研究開発に活用していただきたいと考えています。

NIMSが、皆さま方に頼りにしていただけるナショナルセンターとして役割を果たすため、新たな門出となります。皆さま、どうぞ存分にご活用ください。


「部門長 長野 裕子」の画像

部門長 長野 裕子




お問合せ先

運営統括室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
研究本館居室棟 6階 609号室
電話:029-859-2472
E-Mail: madis=ml.nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029