ホーム > 広報活動 > ムービーライブラリ > 材料が作る日常品 > 「温度を自動制御するセラミックス」

「温度を自動制御するセラミックス」

材料が作る日常品 4

2018.01.17 公開


「「温度を自動制御するセラミックス」」の画像

解説

この季節に大活躍の温風ヒーター。
かつては金属の電熱線を使って加熱するものが主流でした。
熱くなりすぎないよう、ある温度になるとスイッチが切れるサーモスタットという装置が入っていました。

ところが今はPTCセラミックスという特別なものを使ったヒーターがあります。
サーモスタットなしで、自分自身の力だけで温度を一定に保てる優れた材料です。
これが小型でシンプルな暖房器具を可能にしました。
どうやって自分の温度をコントロールするんでしょうか。

新しい材料が、新しい世界を作り出す。

シリーズ第4作をどうぞ。


Copyright © 2018 NIMS. All Rights Reserved.


YouTubeプレーヤー右下のマーク (右図) をクリックして、全画面モードでご覧下さい。



似たキーワードを含む

2016.08.10
「人間を感知する石 ! ?」 (日常品,材料,天然,石,静電気)

2015.06.24


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029