nims

nims

nims

nims

nims

nims

News

2017/11/14
スキルミオンCu2OSeO3に一軸の引っ張り応力を印加するとカイラルソリトン格子が発生することを観測した研究成果がPhys. Rev. Bに掲載されました。
"Emergence and magnetic-field variation of chiral-soliton lattice and skyrmion lattice in the strained helimagnet Cu2OSeO3"
Y. Okamura, Y. Yamasaki, D. Morikawa, T. Honda, V. Ukleev, H. Nakao, Y. Murakami, K. Shibata, F. Kagawa, S. Seki, T. Arima, and Y. Tokura,
Phys. Rev. B 96, 174417 (2017) 10.1103/PhysRevB.96.174417

2017/9/21
日本物理学会 2017年秋季大会」においてシンポジウム講演を行いました。
日時・場所:9月21日 13:30~16:55 (21pA20) 岩手大学
主題:「放射光を用いた磁性研究の30年 -磁気円二色性の新たな展開 -」
題目:「共鳴軟X線回折による磁気構造の観察」

2017/9/5~8
第78回 応用物理学会 秋季学術講演会」において招待講演を行いました。
日時・場所:9月5日~8日 福岡国際会議場
題目:「共鳴軟X線回折による薄膜試料の電子状態観測」

2017/8/9
物質・材料研究機構/九州シンクロトロン光研究センター合同シンポジウム」において依頼講演を行いました。
日時・場所:8月9日 10:00-17:05・科学技術振興機構 東京本部(サイエンスプラザ)大会議室
題目:「スパース位相回復法による磁気イメージング」

2017/7/18
共著論文2編を追加しました。 論文リスト>>

2017/5/10
電場によるスキルミオンの制御を共鳴軟X線回折によって観測した研究成果がPhys. Rev. Bに掲載されました。
Directional electric-field induced transformation from skyrmion lattice to distinct helices in multiferroic Cu2OSeO3
Y. Okamura, Y. Yamasaki, D. Morikawa, T. Honda, V. Ukleev, H. Nakao, Y. Murakami, K. Shibata, F. Kagawa, S. Seki, T. Arima, and Y. Tokura,
Phys. Rev. B 95, 184411 (2017) 10.1103/PhysRevB.95.184411

2017/4/1
物質・材料研究機構(NIMS)情報統合型物質・材料研究拠点に異動しました。

2017/3/13
「SLiT-J イメージングエンドステーションに関するミニワークショップ 」において依頼講演を行いました。
日時・場所:3月13日 16:20-17:00・東北大学片平キャンパス 材料・物性総合研究棟I 1F 大会議室
題目:「コヒーレント軟X線共鳴回折による磁気イメージング」

2017/3/8
「ISSP-Workshop SPring-8 BL07LSUが 照らしだす物質機能の起源」において招待講演を行いました。
日時・場所:3月8日 15:30-16:00・物性研大講義室 
題目:「コヒーレント共鳴軟X線小角散乱によるスピンテクスチャの観測」

2017/1/30
放射光学会誌2017年1月号に解説記事「共鳴軟X線回折の新展開」が掲載されました。
共鳴軟X線散乱・回折法の新しい手法としてグレージングインシデンス共鳴軟X線回折法と透過型共鳴軟X線小角散乱法について紹介しています。


2017/1/17-18
PF研究会「PF挿入光源ビームラインBL−19の戦略的利用に関する研究会」において依頼講演を行いました。
セッション:軟X線散乱
日時・場所:1月17日(火) 10:45-11:45 KEK小林ホール
題目:「共鳴軟X線コヒーレント回折イメージングの現状と展開」

2017/1/7-11
第30回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウムにおいて招待講演を行いました。
セッション:オーラル2C X(回折・散乱)
日時・場所:1月8日(日) 10:40-11:10 C会場
題目:「共鳴軟X線小角散乱による磁気テクスチャの観測」

過去のニュース