国際色No.1!研究者がお届けする母国の味
千現地区 H棟 1階 食堂・中庭

外国人研究者の割合が日本一のNIMS。物質・材料研究で世界トップレベルの研究設備が揃っているNIMSには、世界各地から多くの外国人研究者が集まり、研究しています。今年は、日本を含めた5か国の代表が、母国の自慢の味をお届けします!
昨年も、全メニューが60分で完売するなど、予想を超えた大人気でした。(食べられなかった皆さん、ごめんなさい...っ!)
お楽しみに!!!

2018年のメニュー
パッカパオ(タイ)

「パッカパオ?なにソレ??」と思った方は一度ご賞味あれ!
簡単に言うと、ひき肉のバジル炒めのようなもの。半熟の目玉焼き、ご飯と一緒に食べるとやみつきになること間違いなし!
研究室スタッフにも大好評の、タイの香りが漂うスパイシーな一品です。

ラクレット(スイス)

ホクホクに蒸したジャガイモにトロ~っと溶ろけたラクレットチーズ....!
「アルプスの少女ハイジ」でハイジが暖炉にかざして食べていたアレです。
スイスの人気定番メニューのラクレットは、チーズ好きなら素通り厳禁!ですよ。

水餃子(中国)

中国では餃子といえば水餃子!
お湯で茹でて、しょうが醤油で食べるのが本場流。
皮は厚めのモチモチ食感!
本場の水餃子をぜひお試しあれ。

鉄板焼そば(日本)

NIMSの前身・金属材料技術研究所の時代から代々受け継がれたNIMS名物「鉄板焼そば」が今年も参上!
灼熱の鉄板で一気に焼き上げ!キャベツ・豚肉・ソースが織りなすNIMS伝統の味をあなたに。

ホットドッグ(アメリカ)

アメリカのポピュラーなストリートフードといえば、ホットドッグ!
レリッシュはマスト!お好みで、ケチャップやマスタードをつけて召し上がれ!