ホーム > NIMSについて > 公正な研究活動の推進 > 研究費の不正使用防止に向けた取組
2017.09.06 更新

研究費の不正使用防止に向けた取組

国立研究開発法人物質・材料研究機構は、法律により設立された公的部門に属する独立行政法人として、経費の支出や物品・サービス等の購入にあたっては、内部規程等に従い、公正かつ適切に運用を行っています。

1.機構内の責任体系の明確化

  • 研究費の運営・管理について、以下の責任者を置き、機構内の責任体系を明確化した内部規程を定めています。
最高管理責任者 : 理事長
統括管理責任者 : 内部統制担当理事
コンプライアンス推進責任者 : 各部門長、各拠点長、各室長 (部門に属さない者に限る)
コンプライアンス推進副責任者 : コンプライアンス推進責任者が指名する者

2.適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

  • 研究費不正使用防止のための基本方針を定めています。
  • 研究費の運営・管理に関わる全ての構成員に対する行動規範を定めています。
  • 不正使用に関する通報窓口を設置し、調査手続き・通報者の保護などを明確化した内部規程を定めています。

3.不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

  • 機構における不正使用を発生させるリスクに対して、不正使用防止計画を策定し、実施しています。
  • 不正使用防止計画推進部署 (内部統制推進室) が計画の実施を推進しています。

4.研究費の適正な運営・管理活動

  • 会計システムを活用して、研究費の執行状況を確認し、研究計画に沿った運用に努めています。
  • 調達に関して、物品の納品/役務の完了時の事務部門による検収体制を整備しています。
  • 不正な取引に関与した業者への取引停止等の処分方針を定めています。
  • 換金性の高い物品 (貴金属、情報端末など) の管理を強化しています。
  • 職員の出張に関して、出張事実の確認とともに、用務内容や旅費の受給額の適切性を確認しています。

5.情報発信・共有化の推進

  • 競争的資金等の使用に関するルール等について、機構内外からの相談を受け付ける窓口を設置しています。

競争的資金等の使用ルールに関する相談窓口
国立研究開発法人物質・材料研究機構 総務部門競争的資金室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
E-mail: rulesodan=nims.go.jp ([ = ] を [ @ ] にしてください)

6.モニタリング

  • 不正使用防止計画推進部署が、不正使用防止計画の実施状況をモニタリングしています。
  • 監査室・監事・会計監査人が定期的に情報交換を行い、連携を図っています。


お問い合わせ先

内部統制推進室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
Tel: 029-859-2145
E-Mail: fuseiboushi=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029