ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2014年 > 広く使用されている圧電体の圧電基礎特性の測定に成功

広く使用されている圧電体の圧電基礎特性の測定に成功

60年間の問題に決着、新規非鉛圧電体開発に道

国立大学法人 東京工業大学
独立行政法人 物質・材料研究機構
国立大学法人 名古屋大学

東京工業大学大学院総合理工学研究科 舟窪浩教授、NIMS中核機能部門 坂田修身高輝度放射光ステーション長、名古屋大学大学院工学研究科 山田智明准教授 (JSTさきがけ研究者) らの研究グループは、最も広く使われている圧電材料であるチタン酸ジルコン酸鉛について単結晶膜を作製し、電気的エネルギーと機械的エネルギーの変換係数を直接測ることに成功しました。

概要

東京工業大学大学院総合理工学研究科 舟窪浩教授、物質・材料研究機構 (NIMS) 中核機能部門 坂田修身高輝度放射光ステーション長、名古屋大学大学院工学研究科 山田智明准教授 (科学技術振興機構さきがけ研究者) らの研究グループは、最も広く使われている圧電材料であるチタン酸ジルコン酸鉛について単結晶膜を作製し、電気的エネルギーと機械的エネルギーの変換係数を直接測ることに成功しました。

圧電体は、電気信号により構造が変化する性質を活かして、ガスコンロの着火器や加湿器のミストの作製、さらにはインクジェットプリンタや3次元プリンタで使用されるマイクロデバイス (Micro Electro Mechanical Systems、MEMS) 等の動力源として利用されています。実用化されているチタン酸ジルコン酸鉛は、電気信号によって結晶構造や微構造が複雑に変形するため、これまで60年間も使用されているにも関わらず電気的エネルギーと機械的エネルギーの変換係数という圧電体で最も基本的な特性は明らかになっていませんでした。

本研究グループでは、世界で初めて作製に成功したチタン酸ジルコン酸鉛の単結晶膜を用いて、大型放射光施設SPring-8の高輝度放射光で高速に電気信号を加えた時の結晶格子の伸びを、直接観察しました。その結果、1億分の2秒(20ナノ秒)以下という極めて短時間の結晶格子の歪みを観測する事に成功し、電気的エネルギーと機械的エネルギーの変換係数を初めて測定することに成功しました。

今回の成果は、応用物理の分野において影響の大きい科学学術誌「Applied Physics Letters」のオンライン版に7月9日付で掲載されました。


「プレス資料中の図 : 電界を加えた時の結晶の伸びと電気特性を直接測定できる測定システム」の画像

プレス資料中の図 : 電界を加えた時の結晶の伸びと電気特性を直接測定できる測定システム




本件に関するお問い合わせ先

研究に関すること : 全般
舟窪 浩
東京工業大学大学院総合理工学研究科物質科学創造専攻
教授
TEL・FAX: 045-924-5446
E-Mail: funakubo=iem.titech.ac.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
試料に関すること
山田 智明
名古屋大学大学院工学研究科マテリアル理工学専攻
准教授
TEL: 052-789-4689
FAX: 052-789-4691
E-Mail: t-yamada=nucl.nagoya-u.ac.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
測定に関すること
坂田 修身
物質・材料研究機構 中核機能部門 高輝度放射光ステーション
ステーション長
TEL・FAX: 0791-58-1970
E-Mail: SAKATA.Osami=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)
NIMSに関すること
物質・材料研究機構 企画部門広報室
TEL: 029-859-2026
FAX: 029-859-2017

似たキーワードを含む プレスリリース

2016.03.29
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)