ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2011年 > クリープ試験データの世界最長記録を更新 !

クリープ試験データの世界最長記録を更新 !

14,853日間に及ぶクリープ変形データを取得

独立行政法人物質・材料研究機構

NIMSが昭和44年6月19日に開始したクリープ試験が、平成23年2月27日に試験開始からの総試験日数が14,853日間に到達し、世界最長クリープ試験データの記録を更新した。

概要

  1. 独立行政法人 物質・材料研究機構 (理事長 : 潮田 資勝) は、中期計画における知的基盤の充実に向けた取り組みの一環として、クリープデータシートプロジェクトを実施している。
    この度、昭和44年6月19日に開始したクリープ試験が、平成23年2月27日に試験開始からの総試験日数が14,853日間に到達し、世界最長クリープ試験データの記録を更新する見込みである。現在、世界最長のクリープ試験データとして、ギネス記録への登録を申請中である。
  2. ドイツ、ジーメンス社で2000年に中止したクリープ試験が、これまでに世界中で報告されている最長のクリープ変形データであり、試験時間は356,463時間である。356,463時間は14,852日と15時間に相当し、当機構が取得する14,853日間のクリープ変形データは、長時間クリープ変形データの世界最長記録を更新する。300,000時間を超える長時間クリープ変形データはドイツで他に3件が報告されているが、当機構は、300,000時間を超えるクリープ破断データをすでに4点取得しており、8本のクリープ試験が30万時間を超え、現在も継続中である。
  3. 試験片はボイラー及び圧力容器用炭素鋼鋼板 (JIS G3103, SB480) から採取した0.3%炭素鋼であり、クリープ試験条件は温度が400℃、応力は294MPaである。

「プレス資料中の図1: 世界最長記録を更新する見込みのクリープ変形データ (0.3%炭素鋼)」の画像

プレス資料中の図1: 世界最長記録を更新する見込みのクリープ変形データ (0.3%炭素鋼)




関連写真

目黒地区のクリープ試験機

目黒地区のクリープ試験機

お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人 物質・材料研究機構
データシートステーション長
木村 一弘 (きむら かずひろ)
TEL: 03-3719-2557 (目黒地区)
E-Mail:電子メールアドレス
TEL: 029-859-2229 (千現地区)
FAX: 029-859-2830
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017

似たキーワードを含む プレスリリース

2009.06.16
一つのクリープ試験が、開始から40年を突破 ! (クリープデータシート,クリープ,データシート,クリープ試験機)
2014.04.22
NIMSデータシートの発行について (クリープ,データシート)
2013.10.16
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029