ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2010年 > 昆虫が足を擦る秘密をナノテクノロジーで解明

昆虫が足を擦る秘密をナノテクノロジーで解明

生体模倣による新しい材料機能の開発に活用

独立行政法人物質・材料研究機構

NIMS ハイブリッド材料センターは、ガラスのような平坦な表面を逆さまでも歩行できる昆虫の足の裏の優れた接着性に着目し、昆虫 (ハムシ) の歩行調査を行い、ナノテクノロジーを用いた実験により、昆虫が摩擦 (足の滑りやすさ) により汚れを感じていることを突き止めた。

概要

独立行政法人物質・材料研究機構 (理事長 : 潮田 資勝) のハイブリッド材料センター (センター長 : 黒田 聖治) の細田 奈麻絵グループリーダーらは、環境問題で循環型社会実現に求められる「接着と分離」を繰り返せる未来の接合技術の開発研究において、ガラスのような平坦な表面を逆さまでも歩行できる昆虫の足の裏の優れた接着性に着目し、昆虫 (ハムシ) の歩行調査を行い、ナノテクノロジーを用いた実験により、昆虫が摩擦 (足の滑りやすさ) により汚れを感じていることを突き止めた。
本研究は、物質・材料研究機構とマックスプランク研究所 (ドイツ)  スタニスラヴ・ゴルブ (現キール大学教授) との共同研究で、NIMSのナノテクノロジー (ナノ材料加工技術) と生体模倣研究「バイオミメティクス」との融合による成果である。NIMSのナノレベル表面制御という高度な最新のナノテクノロジーが知られざる生物の生態の解明にも貢献したもので、今後、この成果は可逆的接合研究 (機能化インターコネクション) において生体模倣による新しい材料機能の開発に活用される。

「参考資料中の図1 : ハムシが足を擦り合わせる様子(A,B,Cの矢印部分)足もとにある汚れを落とすためのクシ (Dの矢印部分」の画像

参考資料中の図1 : ハムシが足を擦り合わせる様子(A,B,Cの矢印部分)足もとにある汚れを落とすためのクシ (Dの矢印部分




お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人物質・材料研究機構 
ハイブリッド材料センター 機能化インターコネクショングループ
グループリーダー 
細田 奈麻絵 (ほそだ なおえ)
TEL : 029-860-4529 (ダイヤルイン)
E-Mail:電子メールアドレス
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
企画部広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029