ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2010年 > ナノの積木細工で世界最小の強誘電体

ナノの積木細工で世界最小の強誘電体

究極のメモリ実現に向けた新しい道

独立行政法人物質・材料研究機構
独立行政法人科学技術振興機構

NIMS国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)の研究グループは、分子レベルの薄さのナノ物質 (酸化物ナノシート) を使ったナノの積木細工で、世界最小の強誘電体の開発に成功した。

概要

  1. 独立行政法人物質・材料研究機構 (理事長 : 潮田資勝) 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 (拠点長 : 青野正和) の長田 実 MANA研究者、佐々木高義 主任研究者らの研究グループは、分子レベルの薄さのナノ物質 (酸化物ナノシート) 1) を使ったナノの積木細工で、世界最小の強誘電体の開発に成功した。
  2. 強誘電体は、絶縁体の一種で、外部より与える電圧の向きに応じて電気分極2) のプラス、マイナスが反転し、しかも電圧がゼロとなっても分極が保たれる性質を持つ物質である。この性質を利用した強誘電体メモリ3) は、高速書き換えが可能、電源を切っても記憶内容が消えない、消費電力が少ないなどの優れた特徴があり、ユビキタス社会の基盤となる「究極のメモリ」として期待されている。強誘電体メモリの高機能化には、強誘電体の薄膜化が必要不可欠であるが、従来の材料では、ナノレベルまで薄膜化すると分極特性が低下するという問題があり、これがメモリ開発の大きな障害となっていた。
  3. 今回、研究グループは、ナノレベルで機能する強誘電体を開発する新しい手法として、子供のブロック遊びのように、ナノ物質で積木細工をする人工超格子4) 技術に注目した。2種類の酸化物ナノシート (Ca2Nb3O10、LaNb2O7) を合成し、ナノの積木細工で、2種類を交互に積み重ねた人工超格子を作製した。さらに、強誘電性実現のためのひと工夫として、プラスに帯電した分子をのりにして、ナノシート同士をつなぎ合わせ、接合界面付近のイオンが変位し、分極しやすくなるような環境を整えた。そして作製した人工超格子が、実際に強誘電体になることを発見した。この人工超格子は、世界最小レベルの膜厚10ナノメートルの極薄膜ながら、室温で優れた強誘電性を示すことを確認した。
  4. 今回の成果は、強誘電体ナノ材料の開発に向けて新たな設計指針を与えると同時に、強誘電体ナノ薄膜が持つ低電圧動作という特徴を利用した低消費電力型メモリやICカードへの応用展開が期待される。
  5. 本研究は、独立行政法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業チーム型研究 (CREST) 「ナノ科学を基盤とした革新的製造技術の創成」研究領域 (研究総括 : 堀池靖浩) における研究課題「無機ナノシートを用いた次世代エレクトロニクス用ナノ材料/製造プロセスの開発」 (研究代表者 : 佐々木高義) の一環として行われたもので、ACS NANO誌 (米国化学会発行) のオンライン速報版に近日中に掲載される予定である。

「プレス資料中の図3 : 酸化物電極 (SrRuO3) 上に作製した人工超格子の透過型電子顕微鏡像.2種類のペロブスカイトナノシートA、Bが交互に積層した高品位の人工超格子を形成している.また、赤外吸収を用いた分析の結果、この超格子では、AとBがアンモニウムイオンを介して静電的に結合し、界面付近のイオンが動きやすい、柔らかい界面が実現していることを確認した。」の画像

プレス資料中の図3 : 酸化物電極 (SrRuO3) 上に作製した人工超格子の透過型電子顕微鏡像.
2種類のペロブスカイトナノシートA、Bが交互に積層した高品位の人工超格子を形成している.また、赤外吸収を用いた分析の結果、この超格子では、AとBがアンモニウムイオンを介して静電的に結合し、界面付近のイオンが動きやすい、柔らかい界面が実現していることを確認した。




お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人 物質・材料研究機構
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点ソフト化学グループ
長田 実 (おさだ みのる)
TEL:029-860-4352
E-Mail:電子メールアドレス
JSTの事業に関すること
科学技術振興機構 イノベーション推進本部 研究領域総合運営部
長田 直樹 (ながた なおき)
〒102-0075 東京都千代田区三番町5 三番町ビル
TEL:03-3512-3524 
FAX:03-3222-2064
E-Mail:電子メールアドレス
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
企画部広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017
科学技術振興機構 広報ポータル部
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
TEL:03-5214-8404 
FAX:03-5214-8432
E-Mail:電子メールアドレス

似たキーワードを含む プレスリリース

2011.07.14
世界最高性能のナノ誘電体膜 (ナノシート,誘電体,長田 実)
2006.02.27
究極の薄さを持つ高誘電体ナノ材料 (ナノシート,誘電体,長田 実)
2014.02.19
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029