ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2010年 > 疲労データシート No.109, No.110, No.111の発行について

疲労データシート No.109, No.110, No.111の発行について

独立行政法人物質・材料研究機構

NIMSは、中期計画における知的基盤の充実に向けた取り組みの一環として、『NIMS FATIGUE DATA SHEET No.109 耐食耐熱超合金板NCF800H(21Cr-32Ni-Ti-Al)長期高温低サイクル疲労特性データシート』ほか計3冊の疲労データシートを発行した。

概要

独立行政法人 物質・材料研究機構 (理事長 : 岸 輝雄) は、中期計画における知的基盤の充実に向けた取り組みの一環として、

  1. 『NIMS FATIGUE DATA SHEET No. 109
    耐食耐熱超合金板NCF800H(21Cr-32Ni-Ti-Al)長期高温低サイクル疲労特性データシート』
  2. 『NIMS FATIGUE DATA SHEET No. 110
    マグネシウム合金押出し材AZ61(Mg-6Al-1Zn)とAZ31(Mg-3Al-1Zn)の疲労特性データシート』
  3. 『NIMS FATIGUE DATA SHEET No. 111
    チタン合金Ti-6Al-4V (900MPa級)の高応力比側ギガサイクル疲労特性データシート』

の3冊を平成22年3月31日付けで発行した。

今回発行したデータシートは、No.109ではオーステナイト系ステンレス耐熱鋼NCF800Hに関して、油圧サーボ式試験機により取得したひずみ制御による107 (1千万) サイクルまでの長期の高温下における疲労特性を明らかにしている。
No.110ではマグネシウム合金押出し材AZ61とAZ31に関して、回転曲げ疲労試験機(25Hz)と油圧サーボ式試験機により取得した107 (1千万) サイクルまでの疲労特性を明らかにしている。
No.111ではチタン合金Ti-6Al-4V (900MPa級) に関して、超音波疲労試験装置(20 kHz)により取得した1010 (100億) サイクルまでの高応力比側のギガサイクル疲労特性を明らかにしている。

当機構では、平成14年5月20日に認証を受けたISO9001“Quality management system” (JIS Q 9001「品質マネジメントシステム」)に従い、データシート発行業務の運営を行っている。



お問い合わせ先

研究内容に関すること
独立行政法人物質・材料研究機構
データシートステーション 疲労研究セクション

No.109担当 
主任研究員
早川 正夫 (はやかわ まさお)
TE: 029-859-2243
FAX: 029-859-2201
No.110担当
主幹研究員
古谷 佳之 (ふるや よしゆき)
TEL: 029-859-2298
FAX: 029-859-2201
No.111担当
主幹研究員
竹内 悦男 (たけうち えつお)
TEL: 029-859-2254
FAX: 029-859-2201
報道担当
独立行政法人物質・材料研究機構 
広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017

似たキーワードを含む プレスリリース

2005.06.13
疲労データシート No.97, No.98 の発行について (疲労特性,チタン合金Ti-6Al-4V,疲労データシート)
2009.05.28
2003.05.28
疲労データシート No.91, No.92 の発行について (疲労特性,疲労データシート)
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029