ホーム > ニュース・プレス > プレスリリース > 2010年 > 磁場で駆動する形状記憶効果のメカニズムを初めて解明

磁場で駆動する形状記憶効果のメカニズムを初めて解明

大出力アクチュエーターの実用化に向けた新展開 !

国立大学法人 広島大学
国立大学法人 東北大学
独立行政法人物質・材料研究機構
学校法人 東北学院大学

広島大学大学院理学研究科、東北大学電気通信研究所、NIMS、東北大学多元物質科学研究所、東北学院大学工学研究科の研究グループは、強磁性形状記憶合金が示す構造相転移のメカニズムを初めて解明した。

概要

広島大学大学院理学研究科の木村 昭夫 准教授と同研究科大学院生の叶 茂、東北大学電気通信研究所の白井 正文 教授および三浦 良雄 助教、物質・材料研究機構 (NIMS) の小林 啓介 特別研究員および上田 茂典 研究員、東北大学多元物質科学研究所の貝沼 亮介 教授、東北学院大学工学研究科の鹿又 武 教授を中心とする研究グループは、大型放射光施設SPring-8の硬X線光電子分光と第一原理計算という理論的手法を用いて、強磁性形状記憶合金が示す構造相転移のメカニズムを初めて解明しました。この成果により、強磁性形状記憶合金をベースとした次世代アクチュエーターの物質設計への大きな方針が示されることが期待されます。

「プレス資料中の図3 Ni2Mn1-xSn1-xの高温側 (立方晶) および低温側 (マルテンサイト層) の結晶の構造。」の画像

プレス資料中の図3 Ni2Mn1-xSn1-xの高温側 (立方晶) および低温側 (マルテンサイト層) の結晶の構造。



本研究は、科学研究費補助金と東北大学電気通信研究所共同プロジェクトの助成を受けて実施されました。また、本研究成果は米国の科学雑誌フィジカル・レビュー・レターズ『Physical Review Letters』 (4月30日号) に掲載されるに先立ち、オンライン版 (4月26日付け) に掲載されます。 (米国時間)


お問い合わせ先

研究内容に関すること
広島大学
大学院理学研究科 物理科学専攻 准教授
木村 昭夫 (きむら あきお)
TEL: 082-424-7471
FAX: 082-424-0719
〒739-8526 東広島市鏡山1−3−1
E-Mail:電子メールアドレス
東北大学
電気通信研究所 情報デバイス研究部門 教授
白井 正文 (しらい まさふみ)
TEL: 022-217-5074
FAX: 022-217-5074
〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
E-Mail:電子メールアドレス
独立行政法人物質・材料研究機構
共用ビームステーション 共用ビームステーション長
小林 啓介 (こばやし けいすけ)
TEL: 0791-58-0223
FAX: 0298-58-0223
〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1 大型放射光施設SPring-8内
E-Mail:電子メールアドレス
東北学院大学
工学研究科 教授
鹿又 武 (かのまた たけし)
TEL: 022-795-6417
FAX: 022-795-3104
〒980-8578 宮城県多賀城市中央一丁目13-1
E-Mail:電子メールアドレス
報道担当
広島大学
社会連携・情報政策室広報グループ
和木 光江
TEL: 082-424-6017
FAX: 082-424-6040
〒739-8526 東広島市鏡山1-3-1
E-Mail:電子メールアドレス
東北大学
電気通信研究所 
事務部 研究協力係
TEL: 022-217-5422
FAX: 022-217-5426
〒980-8577 仙台市青葉区片平2-1-1
E-Mail:電子メールアドレス
独立行政法人物質・材料研究機構 
企画部広報室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL:029-859-2026
FAX:029-859-2017
E-Mail:電子メールアドレス
東北学院大学
研究機関事務課 教育研究支援係 
原 義博
TEL: 022-368-1337
FAX: 022-368-1352
〒985-8537 多賀城市中央1-13-1
E-Mail:電子メールアドレス
Get ADOBE® READER®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Readerが必要です。


国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)