ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 茨城県科学技術振興財団は第28回つくば賞をNIMS研究員らに授与すると発表しました

茨城県科学技術振興財団は第28回つくば賞をNIMS研究員らに授与すると発表しました

2017.09.07
(2017.09.08 更新)


茨城県科学技術振興財団 (理事長 : 江崎玲於奈) は9月7日、第28回つくば賞をNIMS 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)の寺部一弥MANA主任研究者、早稲田大学先端理工学部の長谷川剛教授、MANAの青野正和エグゼクティブアドバイザーに授与すると発表しました。

寺部一弥
MANA主任研究者
長谷川剛教授
(早稲田大学)
青野正和
エグゼクティブアドバイザー
「つくば賞」とは「茨城県内において科学技術に関する研究に携わり、顕著な研究成果を収めた研究者を顕彰」するものです。上記3氏の授賞の対象となった研究は「原子スイッチの発明と実用化のための研究」です。

授賞式・受賞記念講演会は、11月21日 (火) につくば国際会議場で開催されました。

「授賞式にて :  (左から) 江崎玲於奈茨城県科学技術振興財団理事長、寺部MANA主任研究者、長谷川早稲田大学教授、青野エグゼクティブアドバイザー、大井川茨城県知事」の画像

授賞式にて : (左から) 江崎玲於奈茨城県科学技術振興財団理事長、寺部MANA主任研究者、長谷川早稲田大学教授、青野エグゼクティブアドバイザー、大井川茨城県知事



国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029