ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 第39回「応用物理学会論文賞」をNIMS研究者が受賞

第39回「応用物理学会論文賞」をNIMS研究者が受賞

2017.09.05
(2017.09.12 更新)


平成29年9月5日、第39回「応用物理学会論文賞」の授賞式が行われ、NIMS国際ナノアーキテクトニクス研究拠点の若山裕グループリーダーが表彰しました。

関連画像
この度、応用物理学会の学術誌Japanese Journal of Applied PhysicsのMANA特集号に掲載された総説論文に対して解説論文賞が授与しました。
対象となった論文は分子膜の形成と設計に関して過去20年間にわたる研究成果全般を分子間力相互作用に基づきまとめ上げた総説論文であり、応用物理学の分野にとって啓発的・教育的であり、当該分野の進歩向上を促す著作物と評価され解説論文賞が授与されました。

対象論文 :
”On-surface molecular nanoarchitectonics: From self-assembly to directed assembly”, Jpn. J. Appl. Phys. 55 (2016) 1102AA, Yutaka Wakayama

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029