ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2012年 > 英文論文誌STAMのインパクトファクターが更に伸びて3.513。材料科学分野で国内第2位にランクイン

英文論文誌STAMのインパクトファクターが更に伸びて3.513。材料科学分野で国内第2位にランクイン

2012.06.29
(2012.07.12 更新)


STAM誌の2011年IF(インパクトファクター)が、さらに急伸して3.513となりました。

概要

物質・材料研究機構 (NIMS) は、国際的な材料科学専門の英文論文誌 Science and Technology of Advanced Materials (STAM) を刊行しています。編集委員長 (岸 輝雄、NIMS名誉顧問) をはじめとする世界10ヶ国29名の専門家を編集委員にもち、金属、無機、有機、生体材料など材料科学研究の全般を網羅し、オープンアクセスジャーナルとして、世界における質の高い研究情報発信の場を提供しています。

2012年6月29日 (日本時間) にトムソン・ロイター社が発表した2011年Journal Citation Reportによると、ジャーナルの一評価指数であるインパクトファクターは、STAM誌は材料科学・学際分野において3.513となりました。 (同分野の平均値3.106) この数字は、同分野における231誌中36位、日本国内では第2位に位置します。2008年以来続く目覚ましいIF値の伸びは、STAM誌に掲載する論文の質を高く保つ編集委員会の努力が、広く研究者に認知され、世界の材料科学国際コミュニティーにおいて強い影響を与えていることを示しています。

「STAMインパクトファクタ (IF) の推移 (出典 : トムソン・ロイター社 2011年)」の画像

STAMインパクトファクタ (IF) の推移 (出典 : トムソン・ロイター社 2011年)



STAM国内向けジャーナルサイト

編集委員会が注目する論文について、国内向けジャーナルサイトにて日本語の解説記事を掲載しています。


問い合わせ先

企画部門科学情報室
谷藤 幹子 <stam_office=nims.go.jp ([ = ] を [ @ ] にしてください)>


本件に関するお問い合わせ

谷藤 幹子
企画部門科学情報室
E-Mail: stam_office=nims.go.jp
([ = ] を [ @ ] にしてください)

似たキーワードを含む ニュース

2013.07.03
2011.07.15
英文論文誌STAMのインパクトファクター (IF : 3.220) が、昨年値2.599から再び急伸 (インパクトファクター,論文,トムソン・ロイター,STAM)
2010.07.14
材料科学専門の英文論文誌STAMのインパクトファクターが倍増 (インパクトファクター,論文,トムソン・ロイター)

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)