ホーム > ニュース・プレス > ニュース > 2009年 > ドイツ・MPAシュツットガルトとの共同研究覚書 (MOU) を更新

ドイツ・MPAシュツットガルトとの共同研究覚書 (MOU) を更新

研究課題 : 先進構造用鋼研究分野での連携事業に向けて

平成21年10月8日、NIMS構造材料国際クラスターとドイツMPAシュツットガルトは「先進構造用鋼の最適化、キャラクタリゼーション、プロセッシング」の連携を継続するため、MOUを調印 (更新) しました。

「写真左から、署名者の木村 一弘 グループリーダー、長井 寿 NIMS-iSMマネージャー (環境・エネルギー材料領域コーディネーター) 、MPAシュツットガルトRoos所長(教授)、Maile副所長 (教授)」の画像

写真左から、署名者の木村 一弘 グループリーダー、長井 寿 NIMS-iSMマネージャー (環境・エネルギー材料領域コーディネーター) 、MPAシュツットガルトRoos所長(教授)、Maile副所長 (教授)



MPAシュツットガルトは、ドイツにおける構造と材料評価について長い歴史と豊富な経験を持つ研究センターで、NIMS(前身のNRIMを含む)との間で人材交流、ワークショップの共催等、継続的な連携を進めてきています。調印式にはKußmaul元所長、岸NIMS顧問も立ち会われ、お互いの旧交を温めました。

国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029