NIMS分子・物質合成プラットフォーム
サイトマップ
独立行政法人 物質・材料研究機構
文字サイズ 標準 拡大   Japanese English
トップページ > 利用について > 利用方法

利用について (NIMS職員の方はこちらの施設利用法をご覧ください。)

   

利用方法

利用に際しての事前確認事項

成果公開
ナノテクノロジープラットフォーム事業における研究支援は,原則「成果公開」であり,支援終了後「成果報告書(A4/1ページ)」を提出する必要があります。成果非公開を希望される方は,こちらで手続きについてご確認の上「利用相談」にてその旨をご相談下さい。
課金請求
利用に際しては,利用に応じた料金が発生し,支援終了後に請求いたします。
謝辞への記載
研究支援を受けて得られた成果を論文や学会等で公表する場合は,謝辞に必ず以下の文言を掲載下さい。
(和文)本研究は,文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業(NIMS分子・物質合成プラットフォーム)の支援を受けて実施されました。
(英文)This study was supported by NIMS Molecule & Material Synthesis Platform in "Nanotechnology Platform Project" operated by the Ministry of Education,Culture,Sports,Science and Technology(MEXT),Japan.
成果発表の報告
論文や学会,特許等で成果を公表する(した)場合は,「発表報告」よりご連絡下さい。

支援形態について

機器利用
利用者が施設を訪れ自分で機器を操作します。
技術補助
利用者が施設を訪れ自分で機器を操作する際に支援スタッフが技術指導、補助を行います。
技術代行
利用者からの依頼で支援スタッフが機器の操作、解析を行います。

利用手順

利用相談
初めて利用を検討される方はまず,「利用相談」にてお問い合わせ下さい。担当スタッフより回答いたします。4営業日内に返信がない場合はお手数ですが再びご連絡ください。
ユーザー登録へ
ユーザー登録

利用相談後,研究支援を希望される場合は,「ユーザー登録」を行なって下さい。4営業日内に返信がない場合はお手数ですが再びご連絡ください。
NIMSが主所属の方はユーザー登録は不要です。
NIMS客員研究員やNIMSジュニア研究員の方は主所属の情報でユーザー登録して下さい。

課題申請へ
課題申請
ユーザー登録後,課題申請を行なって下さい。申請書に必要事項を記入し,事務局宛(SML-office at nims.go.jp)に提出して下さい。
尚,同一ユーザーであっても,支援内容が異なる場合は別途課題申請が必要となります。
【外部所属ユーザー向け 分子・物質合成PF利用登録申請書(新規/更新/変更)】
 WORD form/30KB
【主所属NIMS向け ナノ融合ステーションソフトマテリアルライン利用登録申請書(新規/更新/変更)】
 WORD形式/41KB
(※)主所属がNIMSの方は,ソフトマテリアルラインでの支援受入となります(申請書提出先は同じ)。
課題審査・結果通知へ
課題審査・結果通知
課題申請後,審査を行い,結果を通知いたします。申請を受理されたのち,利用可能となります。4営業日内にこちらから連絡がない場合はお手数ですが再びご連絡ください。
研究支援実施へ
研究支援実施
希望支援形態に準じた支援を実施いたします。機器利用でも初回利用時および利用法説明が必要な場合は支援員と日程調整をお願いします。
研究支援終了へ
研究支援終了
1課題に対する支援は最長でも年度単位で終了となります。継続利用を希望される場合でも,次年度に再度課題申請を行なっていただく必要があります。
課金請求手続きへ
課金請求手続き
研究支援終了までの利用料金をお支払いいただきます。
成果報告書提出へ
成果報告書提出
研究支援の内容や得られた成果について1ページ(A4)の報告書を提出していただきます。



ページの先頭へ

 
NIMS微細加工プラットフォーム NIMS分子・物質合成プラットフォーム事務局
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1

TEL:029-859-2399

NanotechJapan

Copyright (c) 2001-2013 National Institute for Materials Science(NIMS). All rights reserved.