研究概要

世界人口の急激な増加や途上国の経済発展にともない、水資源の不足が深刻なグローバル問題のひとつになりつつあります。水の浄化に利用できる優れた分離機能材料は、今後ますます要求されるようになるでしょう。分離機能材料の性能を極限まで向上させるには、細孔サイズを精密に設計することが重要となります。分離機能材料グループでは、ナノスケールの細孔を持った新しい高分子材料(ナノ分離膜、ナノ多孔体)を開発することで、分離工程の圧倒的な高速化を目指しています。

その他のニュースはこちらニュース

2015/6/30
研究業務員の伴野秀邦が転出。
2015/6/10
藤井義久が平成26年度繊維学会奨励賞(受賞題目:多孔性カーボン薄膜の構造・物性と液体透過性に関する研究)を受賞しました。
2015/6/2
吉田由香理-研究業務員としてグループに参加。
2014/4/15
佐光貞樹が文部科学大臣表彰若手科学者賞(受賞題目:相分離による高分子メソ多孔体の創製と分離機能に関する研究)を受賞しました。
2015/4/1
佐光貞樹がNIMS理事長進歩賞(受賞題目:ナノ結晶化法による高分子メソ多孔体の創製)を受賞しました。
2015/4/1
上木岳士-NIMS職員(研究職)としてグループに参加。
2015/3/31
博士課程学生のKRISHNAN Mohan Rajが転出。
2015/3/31
研究業務員の宮崎豊秀が転出。
2014/12/5
佐光貞樹が The 10th SPSJ International Polymer Conference IPC2014にて Young Scientist Poster Awardを受賞しました。
2014/11/25
山口佳代子-研究業務員としてグループに参加。
2014/10/1
藤井義久が信州大学非常勤講師(准教授)に就任しました。
2014/10/1
佐光貞樹が信州大学非常勤講師(准教授)に就任しました。
2014/10/1
一ノ瀬泉が信州大学非常勤講師(教授)に就任しました。
2014/5/23
佐光貞樹が第3回 JACI/GSCシンポジウムにてGSCポスター賞を受賞しました。
2014/5/12
山本由美子-研究業務員としてグループに参加。
2014/4/1
井上敬二郎-特定分野業務員としてグループに参加。
2014/4/1
一ノ瀬泉が第9回NIMS理事長賞 研究功績賞(受賞題目:有機溶媒耐性の高性能濾過フィルターの開発)を受賞しました。
2013/10/23
高分子メソ多孔体に関する記事が日刊工業新聞(2013.10.23)、化学工業日報(2013.10.23)、科学新聞(2013.11.8)に掲載されました。
2013/10/22
佐光貞樹らの高分子メソ多孔体に関する論文がNature Communications誌に掲載されました。(S. Samitsu, R. Zhang, X. Peng, M. R. Krishnan, Y. Fujii, I. Ichinose: “Flash Freezing Route to Mesoporous Polymer Nanofibre Networks” Nature Communications 4:2653 | DOI: 10.1038/ncomms3653)
2013/07/31
研究業務員の清水勝美が転出。
2013/04/16
一ノ瀬泉が文部科学大臣表彰 科学技術賞 開発部門(受賞題目:有機溶媒耐性の高性能濾過フィルターの開発)を受賞しました。
  • 研究内容 - 所属メンバーによる研究論文一覧(抜粋) -
  • メンバー紹介 - 分離機能材料グループ所属メンバーのご紹介 -
  • 論文リスト - 所属メンバーの論文発表履歴一覧 -
  • 国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS) -
  • 九州大学-NIMS連係大学院 -

トップページニュース研究内容メンバー紹介論文リストリンク連絡先