logo ENGLISH
Molecule Car Race JAPAN Team team photo

分子カーレース

ナノサイズの分子の「自動車」をデザイン・合成し、原子レベルでコントロールされた金の「サーキット」上を走らせよう、という研究が近年活発になってきています。MANAのサテライト主任研究者である、フランス国立科学研究センター(CNRS)のクリスチャン・ヨアヒム博士は、単分子から成る「自動車」のレース、ナノカーレースを開催することを決定し、フランス・ドイツ・オーストリア・アメリカ・日本からの各チームが、この世界でもっとも小さく、もっとも困難な科学的カーレースに挑戦します。
ナノカーレースは、フランス・トゥールーズにて2017年4月28日(金)から29日(土)(現地時間)にかけて行われます。36時間に及ぶレースの模様は、公式YouTubeチャンネルでのライブ配信の他、東京・お台場の日本科学未来館にてパブリックビューイングも行われます。

ライブ配信

2017年4月28日(金)午後5:45~

日本チームについて

Vehicle model

つくばの物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)からは、5人の研究者がこの分子カーレースに参画します。設計中のナノカーは右の図のようなデザインです。

チームクルー


車体設計
 

yonamine
与那嶺 雄介
(ヨナミネ ユウスケ)
(MANA, NIMS)


エンジン設計
 

shirai
白井 康裕
(シライ ヤスヒロ)
(NIMS)

チームリーダー
車体デザイン

nakanishi
中西 和嘉
(ナカニシ ワカ)
(MANA, NIMS)


テクニカルディレクター
 

ariga
有賀 克彦
(アリガ カツヒコ)
(MANA, NIMS)


ドライバー
 

minami
南 皓輔
(ミナミ コウスケ)
(MANA, NIMS)

動画




NanoCar Race, des molécules sur la ligne de départ by CNRS
Copyright © National Institute for Materials Science. All rights reserved.