1. Home
  2. > MANAについて

MANAについてMANAについて

「ナノアーキテクトニクス」という新しいパラダイムで、 世界の新材料開発を先導する頭脳集団 — MANA


国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)は、世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)において選定された9つの研究拠点の一つです。世界の優れた研究者がぜひ参加したいと願う世界最高の研究水準と魅力的な研究環境をあわせもつ新しいタイプの研究拠点として、科学と技術の研究を飛躍的に促進するために生まれました。
MANAは研究成果だけでなく、「国際化」や「若手研究者を育成する効果的なプログラムの確立」といった面でも、日本で最も優れた研究機関の一つと高く評価されています。



MANAのミッション

  • ナノアーキテクトニクスの新概念に基づいて、世界トップの新材料開発の研究を進める。
  • 世界からトップレベルの研究者が集い合う、”メルティング・ポット”(るつぼ)のような研究環境を実現する。
  • 挑戦的な研究に果敢に立ち向かう勇気のある若い研究者を育成し、その活躍の場を提供する。
  • 世界のナノテクノロジー関連の研究機関のネットワークを構築し、この分野の研究を世界的に促進する。

拠点長メッセージ


”MANAは何を目指すか”

組織・運営

MANA独自の「トロイカ体制」により強靭な組織体制を実現、研究者の半数以上を外国籍保有者が占めます

世界トップレベル研究拠点プログラム


「世界に見える研究拠点」の形成を目指した文部科学省のプログラム

アドバイザー・評価委員会


MANAの研究者に力強い助言を与えてくれる世界的に著名な研究者たち

サテライトネットワーク


MANAの前進基地としてグローバルなネットワークを構築、情報のハブとなるサテライトラボ

海外連携機関


MANAとMOUを締結している世界各地の大学や研究機関

人材育成


世界から優秀な若手研究者が集い羽ばたいていきます

研究設備


第一線の装置を集めた「MANAファウンドリ」等、充実した設備

研究者サポート


研究者が研究に集中できる環境を実現するためのサポート

WPI-MANA棟


一歩先を見据えたゼロ・エネルギー・ビルへのチャレンジを紹介します