HOME > 研究室 > 大村研究室

大村研究室

ナノ力学挙動解析による材料強化因子の解明

新しい手法であるナノスケールの局所力学挙動解析によって、マクロ強度発現の素過程機構解明を行います。金属材料を主な対象とし、転位、結晶粒界、固溶元素、第2相介在物などの格子欠陥が力学特性に及ぼす影響を明確化します。これらの取り組みによって、微細で複雑な組織と強度特性の関係を明らかにし、マクロ強度設計の新しい指導原理確立を目指します。

大村孝仁

教授 大村孝仁

E-mail
TEL
029-859-2164

研究室TOPICS

2012.4.1
大村研究室(材料強度物性研究室)が開設されました。

ページの先頭へ戻る