NIMSで第一線の研究活動に参画し高度な研究専門型職業人を育成

NIMSの連係大学院は、NIMSと協定を締結した大学院の学生が、NIMSの第一線の研究者のもとで最先端の研究指導を受けるプログラムです。従来型の連携大学院制度からより高度な研究専門型職業人の育成を目指します。

NIMSの連係大学院の特長

研究者が本人の専攻を持つ教員として運営も行う、育成重視のプログラムです。

関連画像
従来の連携大学院制度との大きな違いは、研究者が自身の専攻を持つ教員として運営にも密接に"係わる"、より育成を重視したプログラムとなっている点です。このプログラムにより、博士課程の大学院生は高度な専門性を持った研究者への成長が期待されます。
また、本連係大学院の優れた能力を有する大学院生には、賃金の支給で生活費の心配なく研究に専念できる「NIMSジュニア研究員制度」が適用されるチャンスもあります。


連係専攻一覧

2004年4月に筑波大学大学院との協定により発足した「物質・材料工学専攻」を皮切りに、現在北海道大学に「機能物質化学講座」、「先端機能物質物理学分野」、「フロンティア生命材料科学分野」、九州大学に「先端ナノ材料工学コース」を設置し、早稲田大学理工学術院とも同様の取り組みをしています。

筑波大学大学院 数理物質科学研究科 物質・材料工学専攻

関連画像
NIMS最初の独立連係専攻として、筑波大学大学院との間に設置された本専攻では、国際的に通用する自立した研究型専門職業人の養成を目指します。 (開設 : 平成16年4月)

北海道大学大学院 総合化学院総合化学専攻 機能物質化学講座

関連画像
機能物質化学講座では、界面エネルギー材料分野、超伝導分野、燃料電池分野、光触媒分野など、今後の我が国が抱える地球温暖化問題や、エネルギー不足問題解決の切り札となることが予想される分野に焦点をあて、国内最高水準の教育・研究環境のもとで、博士課程後期の学生の教育を行います。 (開設 : 平成20年5月 ※平成22年4月1日に北海道大学大学院総合化学院が発足し、理学院化学専攻先端機能化学分野は、総合化学院機能物質化学講座になりました。)

北海道大学大学院 生命科学院生命科学専攻 フロンティア生命材料科学分野

関連画像
フロンティア生命材料科学分野では、生命科学と材料・ナノテクノロジーの双方の知識と経験を有するための教育を行います。NIMSの研究環境や、北海道大学グローバルCOE内の研究施設を活用した国内最高水準の教育・研究環境のもとで、博士課程後期の学生の教育を行います。 (開設 : 平成20年8月)

北海道大学大学院 理学院物性物理学専攻 先端機能物質物理学分野

関連画像
先端機能物質物理学分野では、量子機能物質と凝縮系物質を主な研究対象とした実践的研究活動を通し現代物理学の概念や物質観を身につけ、独創的発想や論理展開のできる創造力に溢れた人材の育成を目指します。 (開設 : 平成21年5月)

早稲田大学理工学術院 先進理工学研究科

関連画像
早稲田大学-NIMS連係大学院は、早稲田大学ナノ理工学専攻内において、ニューセラミックス、無機材料、半導体、生体材料、高分子材料、金属結晶系の分野を主な研究対象とし、早稲田大学のグローバルCOEの環境の下で、NIMSが保有する世界最先端の装置や国際的研究環境を活用した国内最高水準の研究・教育環境を提供します。 (開設 : 平成20年12月)

九州大学大学院工学府 物質創造工学専攻 / 材料物性工学専攻

関連画像
先端ナノ材料工学コースでは、ナノ材料の創製、計測、物性評価を総合的に修学し、確かな基礎力を養いつつ、応用に向けた幅広い専門性を習得できます。また、研究能力だけでなく優れた国際性やコミュニケーション力を養うこともできます。NIMSの最先端の設備と国際的な研究環境を生かしながら、社会の要請や科学技術の進歩に対応できる俯瞰力、総合力をもつ研究者を育むことを目指します。 (開設 : 平成21年4月)


お問い合わせ先

人材部門 人材開発・大学院室 大学院係
〒305-0044 茨城県つくば市千現1-2-1
FAX. 029-859-2799
E-Mail: nims-graduate=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029