header-SEInew.jpg

Last updated 2017-05-14 HOME > ホーム

LinkIconLinkIcon

NIMS GREEN 界面計算科学グループへようこそ。

ECVC-CO2.png160406_hamami.jpg









2016年4月、NIMSの第4期中期計画のスタートとともに、NIMS国際ナノアーキテクトニクス研究拠点(MANA)ナノシステム計算科学(NSCS)グループはNIMSエネルギー・環境材料研究拠点(GREEN)界面計算科学グループにリニューアルしました。しかし、やっていることは変わりません。エネルギー・環境問題関連の現象の微視的メカニズムを、新しい第一原理・量子化学計算技術を用いて明らかにしながら、基礎物理・化学および物質・材料科学に貢献して行くことを目標にしています。

グループサイズは小さいですが、日々新規理論/計算技術に関する議論および物理、化学、物質・材料科学分野の最先端現象に関する議論を活発に行っております。また現実系の個別問題にも同様に取り組んでいるところです。具体的に触媒・光触媒、色素増感太陽電池、ペロブスカイト太陽電池、リチウムイオン二次電池等の微視的メカニズム探索を行っております。同様の観点を持つ研究者の皆様との議論および共同研究を精力的に進めて行きたいと考えております。今後ともどうぞよろしくお願い致します。


NEWS: 当グループMANA研究者の濱田幾太郎博士が大阪大学大学院工学系研究科の准教授に御栄転されました。



NEWS: 館山GLがCPMD2017 workshop (2017.10.18-20 @ つくばエポカル)の組織委員 co-chairを担うことになりました。


NEWS: 館山GLがPASC17 (HPC系国際会議:2017.6.26-28 @ Lugano, スイス)のミニシンポジウムの組織委員を担っています。

日本からは東大・押山先生、理研・中嶋TL、産総研・大谷GL、東大・津田先生に招待講演をしていただくことになっております。


NEWS: 館山GLが2018 MRS Spring Meeting 2018 (2018.4.2-6 @ Phoenix, AZ, US)のsymposium EN1のco-organiserを担います。

Symposium EN1は “Solid-Solid Interfaces in Batteries, Energy Storage and Conversion - Diagnostic and Modeling” というタイトルの下、主に固体ー固体界面、固体ー皮膜界面の解析に焦点を当てます。本シンポジウムは Dr. Kevin Leung (leading organiser), Prof. Yue Qi, and Prof. Bruce Dunnとのco-organisationとなっています。

NEWS: 最近の主な研究成果


NEWS: 最近の研究関連イベント

  • 2016/6: 館山GLがLinkIconIMLB2016にて招待講演を行いました。
  • 2016/5: 館山GLがLinkIconCPMD2016にて招待講演を行いました。
  • 2015/8:LinkIcon第55回分子科学若手の会夏の学校にて館山GLが講義をしました。
  • 2014/11:Prof. Michele Parrinello (ETH Zurich), Prof. Michael L. Klein (Temple Univ.), Prof. Mark Tuckerman (New York Univ.), Dr. Bernd Ensing (Univ. Amsterdam), Prof. Takao Kotani (Tottori Univ.)がNSCSグループに滞在しました。この滞在期間中に"NIMS Computational Materials Science Workshop"を開催しました。
  • 2014/11: 能勢熱浴開発30周年を記念した"International Symposium on Extended Molecular Dynamics and Enhanced Sampling:Nosé Dynamics 30 Years (NOSE30)"を慶應義塾大学三田キャンパスで開催しました。館山GLが実行委員会副委員長として本国際会議の開催に尽力しました。


NEWS: NIMS及びつくばの現在の状況

NIMSおよびつくばの放射線量は十分低い値で安定しておりますので、ご心配なさらずに当グループを訪問していただければと思います。参考までにつくば市内のモニタリングサイトをリンクします。
NIMSモニタリング&AISTモニタリング
なお、通常値は0.04 microSv/hで、胸部レントゲンが50 microSv程度、東京ーニューヨークの往復が200 microSv程度となります。