連係大学院について


連係大学院について

つくば市(研究学園都市)内

最寄駅: つくばエクスプレスつくば駅

専攻長の挨拶

 物質・材料工学は、種々の応用に向けて材料を開発し適用するのに役立つ基本的学問であり、エネルギー、環境、情報、通信、建設、輸送、医療、福祉など現代の社会基盤を支える重要な工学分野です。本専攻は、金属・セラミック材料工学、ナノ材料工学、有機・生体材料工学、物理工学、半導体材料工学等の分野で、先端装置を用いた実際的な研究経験を通じて、物質・材料工学分野における高度な研究型専門職業人を養成することを目指します。

 博士前期課程としては、数理物質科学研究科内の関連専攻、物理学専攻、化学専攻、電子・物理工学専攻及び物性・分子工学専攻の「物質・材料工学コース」に進学する事になります。

 博士後期課程は独立した物質・材料工学専攻として、筑波大学 と 物質・材料研究機構の連係の下、機構の精鋭の研究者が、大学院教員として博士後期課程の研究指導を行います。

我々は、機構の第一線の研究活動に参画したいという意欲のある大学院生を歓迎します。

物質・材料工学専攻
専攻長:武田 良彦

学生の声

岡田 孝春

高分子研究室

物質・材料工学専攻にて、修士号・博士号を取得。
在学中は、筑波大学大学院オナーズプログラムにてフランスへ留学

私はこれから博士号取得を目指す志の高い学生に、学業面、生活面、環境面のサポートが充実している本専攻を心からお勧めします。学業面ではNIMSが有する世界トップレベルの研究者の指導を受けながら、世界最先端の研究に従事し、質の高い研究遂行能力を身につけられます。生活面では、多くの学生がNIMSジュニア制度のサポートを受けながら、金銭面の憂いなく研究に専念することができます。また、これからの博士号取得者には、研究遂行能力に加えて、グローバルに活躍する力を有することも求められますが、本専攻では多くの外国人留学生やNIMSの外国人研究者と共に議論をし、触れ合いながら研究を遂行できる環境が整っており、国際的なコミュニケーション力や異文化理解力も身につけられます。これらの理由から、本専攻には、博士号取得後にも活躍できる人材として成長するための、最高の環境が整っていると思います。

Thomas Scheike

スピントロニクス研究室

NIMSにてNIMSインターンシップを経験後、物質・材料工学専攻(博士後期課程)へ入学。
ドイツ出身

Before I started my PhD research in NIMS, I got the chance for an internship in the institute. At that time I learned and realized the vast variety in research groups, with researchers from all around the world, topics and facilities NIMS has to offer. Beyond research activities, I enjoy the international life in Tsukuba with many friends from other countries around the world and learning about the Japanese culture.

I recommend NIMS and Tsukuba to everybody who is interested in Materials Science in an international environment.

Ikhtiar

磁性材料研究室

現在、物質・材料工学専攻(博士後期課程)に在学中。
インドネシア出身

I started my PhD research in 2013 as a NIMS Junior Researcher at the Magnetic Materials Group. I have had the opportunities to learn various things throughout my research here such as "touching" state of the art equipment, working together with great mentors, and attending seminars given by notable researchers/academicians. The international environment nurtured at NIMS is also another great thing that has attracted me to come here. After all, Tsukuba Science City offers me a convenient living environment which makes my daily life enjoyable.

Xin Ji

構造的機能材料研究室

物質・材料工学コース(博士課程前期・物性・分子工学専攻)を修了後、物質・材料工学専攻(博士後期課程)に進学。
中国出身

After finishing my Master's course in NIMS as a junior researcher, I took NIMS as my first choice for PhD course. That's because the life in NIMS really impresses me a lot. NIMS offers me the best opportunity to learn to do research and make use of the facilities. I could get insightful instruction from the researchers in NIMS, who have great reputations in their specific fields of materials science. Meanwhile, NIMS also gives me many chances to conduct international research activities, which helps me to widen my horizons. Besides, as a foreigner, NIMS also takes care of my life in Japan. The kind assistance from my co-workers really supports me a lot. I recommend NIMS and welcome you to join this international institute.

吉澤 恵子

複合化生体材料グループ

物質・材料工学専攻にて、博士号を取得。

2012年に筑波大大学院の博士課程に入学し、NIMSのグループにて研究活動を進めてきました。NIMSの特徴として挙げられるのは、各種研究設備が整っているため多様なデータを取得できること、様々な国からの研究者や留学生が一堂に会しており異なる文化に触れる機会が多いことなどです。博士課程の学生はNIMSジュニアとして生活のサポートを受けながら研究生活を続けることができます。所属学生の意欲はとても高く、互いによい刺激となっています。また、指導教員からは様々なアドバイスを受けられます。研究成果を出すことに没頭できるため、NIMSは博士課程の学生にとって最高の環境であるといえます。

Dayangku Noorfazidah Binti Awang Shri

構造的機能材料研究室

物質・材料工学専攻にて、博士号を取得。
マレーシア出身

Ever since I enrolled into PhD program in NIMS in 2011, I always think of myself as fortunate to have this opportunity. NIMS has provided a very good environment for my study: great understanding supervisor, freedom in doing my research work, access to good research facilities and ability to attend various seminar related to my study. I also am able

to make friend from all over the world and learn more about Japan through Japanese language and culture class often offered in NIMS. NIMS is certainly the place to learn how to be a good researcher in a positive, international surrounding. I really treasure my times spend in NIMS and recommended it to others.

Ronit Roneel Prakash

ナノ電子光学材料研究室

物質・材料工学専攻にて、博士号を取得。
フィジー出身

NIMS is a great place for research, having a wide range of facilities and friendly advisors. Also, there are many seminars on subjects from different fields, sometimes given by Nobel laureates and other motivational figures. The student seminars are also very interesting as there are often people from unrelated fields providing ideas from a different perspective.

In terms of personal life, NIMS has a relaxed atmosphere where people from many different backgrounds can mingle easily. There are also many exciting activities which can help in taking a break from research. In my group, we have group parties on special occasions, ski trips, “hanami” (Sakura watching picnics) and more which brings the lab members together and helps us recharge and refresh.

髙橋 勇紀

物性理論研究室

物質・材料工学専攻にて、博士号を取得。

博士課程よりNIMSでの研究を始め、1年目が過ぎようとしています。ここでの研究生活で何より特徴的に感じているのは、多様な研究者の方々と触れ合える国際的な環境です。優れた研究をされている日本人の研究者だけでなく、海外からの研究者・留学生らが分け隔てなくお互いの研究について議論を重ねており、そうした交流は研究機関ならではの更に優れた研究成果が生まれる所以にも思われます。このダイナミックな環境に身を投じたことで私自身にとってもよい刺激となり、大学とは一味異なるモチベーションをもらいつ

つ研究を進めています。
NIMSジュニア研究員として生活面でのサポートをうけながら学位研究を進められることは大変魅力的です。それは一方で、あなたも一人の「学生」というよりも一人の「研究者」として自律して研究に取り組むことが求められます。研究を進める上で困難は多くあると思いますが、それをサポートして下さる心強いメンターが揃っています。研究に対して確たる熱意と責任感のある方は、ぜひ興味をもってほしい環境です。

中川 泰宏

スマートポリマー研究室

物質・材料工学コース(博士課程前期 ・物性・分子工学専攻)を修了後、物質・材料工学専攻(博士後期課程)に進学。その間、カナダへ留学。

私が本専攻を志願した理由は「国内トップクラスの教師に師事できる」「国際色の強い現場での学修が可能」「金銭的援助」という三点です。本専攻では国内外の第一線で活躍する研究者の方々から日常的に指導を受けることが可能であり、加えて学生・職員の約半数が外国人という、国際色豊かな環境下で学ぶことができます。また、多くの学生はNIMSジュニア研究員制度のサポートを受けながら生活をしており、金銭面の心配をすることなく研究活動に打ち込み、皆素晴らしい成果をあげています。本専攻は研究遂行能力を鍛えられるのはもちろんのこと、英語力や国際的なコミュニケーション力を高いレベルで学ぶことができ、博士過程を希望する学生に取って最高の環境であると私は確信しています。

Yeji Song

ソフト化学研究室

物質・材料工学コース(博士課程前期 ・電子・物理工学専攻)を修了後、物質・材料工学専攻(博士後期課程)に進学。
韓国出身。

I started my PhD coursework as NIMS junior researcher in 2014 at Soft Chemistry Group, after taking a master’s degree also in NIMS. Since there are lots of merits to study here, I have no choice but to stay in NIMS. One of the merits is that we can use very advanced facilities and learn technical skills from specialists in material science. Many great mentors support my research and it helps a lot to deepen comprehension in my own field. The other point is that most of the students can receive scholarships, so students can concentrate on their work without worrying about other things. I strongly recommend NIMS to anyone who would like to join the field of material science in the best environment.

Kullavadee Karn-orachai

ナノアーキテクチャー研究室

文部科学省の国費外国人留学生に選抜され、物質・材料工学専攻(博士後期課程)に入学。
タイ出身。

I joined the Materials Science and Engineering course since 2014 as a PhD student in University of Tsukuba. NIMS is the good scientific society because you can discuss with professional researchers, who can give a lot of useful motivations and ideas for your research. In addition, NIMS not only gives good equipment for research, but also provides many activities for relaxing, for example, Japanese language class, Japanese class and so on. Moreover, you can enjoy learning many things from this Tsukuba Science city. Why not join us as one of members in NIMS?