第56回セラミックス基礎科学討論会

Main Content

プログラム

セラミックス科学基礎討論会は、セラミックス科学に関する議論の場を提供するという目的から、すべてのセッションが口頭発表セッションとなっています。特定セッション、一般セッションのほか、特別講演も企画されます。

詳細なプログラムは、講演申込締め切り後に公開されます。

プログラムは、特定セッションと一般セッションから構成します。講演申込の時には、希望するセッションを選択してください。

  • 特定セッション
    • 特定セッションⅠ:「セラミックスのケミカルデザイン」
      (世話人:菅原 義之(早稲田大)鈴木 達(物材機構))
    • 特定セッションⅡ:「計測・評価・モデリング」
      (世話人:大橋 直樹(物材機構)大垣 武(物材機構))

  • 国際セッション:「World Young Fellow Meeting 2018」
    • 若手によるセッションで、英語での講演になります。
    • 審査により優秀な講演を表彰します。
      (世話人:難波徳郎(岡山大学)・鈴木義和(筑波大))
    • エントリー条件は、登壇申込ページの講演形式タブをご覧ください。
  • 一般セッション
    • ガラス・光学材料・蛍光体
    • 合成・プロセス
    • 磁性材料
    • 成形・焼結
    • 構造材料
    • 膜・コーティング
    • 圧電・誘電材料
    • 電池(二次電池・燃料電池)
    • ナノ粒子・多孔体
    • 環境・エネルギー
    • 導電体・イオン伝導体
    • 生体材料

  • 展示会
    • 企業などによる展示会を開催します。
    • 展示会に出展を希望する企業は、連絡先のページにある、展示会担当にご連絡ください。

特別講演、および、特定セッションでの招待講演を紹介します。

(敬称略)

  • 特別講演
    • 演題: 笠間焼業界支援のための研究事例紹介
    • 演者: 吉田博和 (茨城県工業技術センター 笠間陶芸大学校 主任研究員)
    • 日時: 2018年1月11日17:30-18:30
    • 会場: つくば国際会議場 大ホール1F
    • 世話人: 瀬川 浩代(物材機構)
  • 特定セッションⅡ
    • 近日掲載

(決定し次第掲載します)

 

セッション 1日目(午前) 1日目(午後) 2日目(午前) 2日目(午後)
A        
B        
C        
D        
E        
F        
G        
H        

完成し次第、こちらで公開します。

コーヒーカップの写真が表示されます。
コーヒーカップの写真が表示されます。