分析・加工や特殊施設の維持管理、材料情報設計などの専門的業務に従事

エンジニア職は、研究に関する新技術の開発および研究基盤構築の業務等を行う職種です。


エンジニア職

2017.05.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E17-01」 (正職員) 構造材料の組織解析

構造材料研究拠点, 構造材料解析プラットフォーム, 微細組織解析グループ

構造材料としては、鉄鋼材料を中心とした金属材料を主に扱う。組織解析の手法は透過型電子顕微鏡が主体である。業務内容は大別して次の三つである。 透過型電子顕微鏡を用いて、金属材料の微細構造・組織解析。 金属材料の微細構造解析に必要な組織解析・組成分析技術開発 (例えば転位の動的観察やX線分光分析等に関するもの) についての補助業務。 構造材料研究拠点に設置されている透過型電子顕微鏡、走査型電子顕微鏡、集束イオンビーム装置、その他試料作製装置等の維持管理と保守の統括、およびユーザーサポート業務。


2017.05.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E17-02」 (正職員) 塑性加工 (鍛造) ・機械工学

構造材料研究拠点, 鍛造プラットフォーム, 鍛造シミュレータグループ

1. 大型鍛造試験装置 (鍛造シミュレータ) を用いた試験計画立案と試験の実施と解析   下記に示す設備の運転を担当する。 1500トン鍛造シミュレータ 金型加熱装置 (温度条件設定、設置と調整) 素材ハンドリングロボット (ロボット用プログラムの作成および操作) 素材加熱・冷却ユニット (加熱温度設定、冷却条件入力および操作) リーチフォークおよびクレーン (金型交換作業) 2. 研究素材の管理業務 鍛造素材および試験片の管理 ワイヤー放電加工機などを用いた試験片の切り出しと管理 表面塗布装置やショットブラス...


2017.05.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E17-03」 (正職員) データベースシステム等の設計、開発、運用

統合型材料開発・情報基盤部門, 材料データプラットフォームセンター, データシステムチーム

材料に関わる各種情報を多種多様なソースから収集し、整理・関連付けされたデータ群をもとにした階層的なデータベースシステムおよび一体として稼働する統合的プラットフォームシステムの設計開発およびシステム運用業務全般を担当する。10年スパンでの運用を目指すため、保守性や堅牢性、柔軟性に配慮するとともに、進歩性も兼ね備えたシステムの開発と運用業務を担う。具体的な業務内容は 階層型データベースシステムの全体設計・開発・運用 統合型データプラットフォームの全体設計・開発・運用 材料開発のソリューションプラットホームとしてのサービス機能の設計・開発・運用を担当する。


2017.05.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E17-04」 (正職員) 文献・研究データのキュレーション (データライブラリアン)

統合型材料開発・情報基盤部門, 材料データプラットフォームセンター, 図書チーム

データプラットフォームシステムの構築のため、材料科学研究に関する図書・文献・研究データの収集・分類、外部の有料・無料文献データベース等からの機械的な文献等の収集やテキスト・データマイニング (TDM) 、収集データ間のマッピング、データ処理等を行う。図書・文献収集に関しては、オンラインジャーナルやTDMのライセンス交渉・契約を担うとともに、これらEリソース管理、収集データのキュレーション、研究向け多様なデータサービスデザイン、サービスのベンチマーク評価、データ・ソフトウェア等の著作権・利用権の適用支援を行う。


2017.05.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E17-05」 (正職員) X線回折

技術開発・共用部門, 材料分析ステーション, 化学分析・X線回折グループ

粉末回折法、単結晶回折法等のX線回折装置を用いた無機・有機材料物質の分析支援を主業務とし、回折技術を基盤とする新規分析技術開発に関係する業務を行う。具体的には下記の業務を担当する。 単結晶回折法、粉末回折法等のX線回折装置による依頼分析及び報告書作成 共用装置利用者への技術指導 各種回折装置の保守管理 回折法を中心とした各種技術相談 実験結果に関する各ユーザーとの議論 新規実験技術および新規解析技術の開発


2017.05.01 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E17-06」 (正職員) クリーンルーム施設・微細加工共用設備の保守管理及びプロセス技術支援

技術開発・共用部門 , ナノテクノロジー融合ステーション, ナノファブリケーショングループ

クリーンルームにおいて、電子ビーム描画やマスクレス露光、スパッタ成膜、ドライエッチング等の微細加工共用設備の保守管理及び微細加工技術を基盤する多種多様な材料への加工支援、新規技術開発等に関する業務を行う。具体的には下記の業務を担当する。 クリーンルーム等共用施設及び微細加工共用設備の保守管理 リソグラフィ、薄膜形成、ドライエッチング、集束イオンビーム加工、走査電子顕微鏡等の微細加工装置を用いた技術代行 (依頼加工) 及び報告書作成 内部/外部利用者への技術コンサルティング業務 マニュアル等の作成及び共用設備利用者への技術指導 プロセスレシピや各種加工データの作成・...


2017.04.06 定年制 エンジニア職

エンジニア職「E16-09」 (正職員) テクニカル・マーケティング エンジニア 

外部連携部門, 連携企画室

NIMSの様々な基礎的材料研究成果を、企業に活用して頂く“技術移転業務”に従事。 技術移転業務では、NIMSの有する “技術シーズ” と、企業の求める “技術ニーズ” とのマッチング調整作業が必要となり、そのインターフェイス業務を担当する。 NIMSは新たな試みとして、サイエンス領域のみならず基礎的エンジニアリング領域にも踏む出す事による ”技術移転” を加速させる大きなチャレンジを推進しており、この様な活動に於けるテクニカル・マーケティング業務を担当する。



推薦書受理状況について

応募者はApplicant IDを使い、推薦書受理状況の確認を行うことができます。以下のファイルにてご確認ください。


定年制エンジニア職員の採用について

募集人数、雇用条件・待遇、募集・選考方針などについて

エンジニア職とは

関連画像
NIMSが平成16年度から新たに設置したエンジニア職は、研究に関する新技術の開発および研究基盤構築の業務並びに調査分析、広報活動、研究環境構築等を行う職種です。例えば、
  • 各種の分析 (電顕、化学分析など) ・金属の溶解・加工・圧延など研究者からの要望に応じて測定、ものづくりを行う業務
  • 金属材料・高分子材料・結晶構造など各種のデータシート、データベースの作成・維持管理を行う業務
  • 共同利用を進めている強磁場施設の維持管理を行う業務
  • Webのコンテンツ設計、制作・編集、運営などを行う業務

などがエンジニア職の業務となります。NIMSでは研究を円滑に推進し多くの優れた研究成果を得る上で、装置、設備、プログラム設計などに関する独自の開発や高度化などを含む重要な職種と位置づけています。

研究職とは評価体系が異なり、業務目標管理型の評価を行っています。

現在NIMSには約50人のエンジニア職員が所属しています。


採用対象者

採用予定分野で必要とされる技能を有する方、あるいは今後必要な技能を身につけられる可能性のある方を採用します。


雇用条件・待遇

  • 任期は原則的にありません (定年制、定年 : 60歳) 。但し、採用時の審査の結果、実績を見た上で決定する必要があると判断された場合には、3年以下の任期 (博士号取得者等の場合は5年以下の任期の場合もあります) を付けて採用され、一定期間後に定年制移行審査を受けることができます。
  • 任期が付いた場合でも年収・勤務条件は定年制職員に準じ、文部科学省共済組合 (共済年金、共済組合健康保険) 、労災保険、雇用保険が適用されます。また、科学研究費補助金の申請資格もあります。
  • 定年退職後、本人が希望する場合には65歳まで再雇用される再雇用制度があります。


募集・選考の方針

  • 募集は公募を原則として行います。
  • 選考は書類審査と面接審査による、多面的かつ公平な審査を行っています。



採用データ

給与

業務経験、年齢等によって異なります。お問い合わせいただければ、大まかな金額を提示することができます。 (ただし、提示する金額はあくまで概算額で、審査により変更される可能性があり、採用された場合にこの金額を保証するものではありません。)


エンジニア職採用実績 (平成29年4月1日現在)

  ● 平成28年度 (2016年度) : 4人
        性別 男性 : 2人、女性 : 2人
        応募時年齢 30歳以下 : 1人、31-39歳 : 2人、40歳以上 : 1人

  ● 平成27年度 (2015年度) : 4人
        性別 男性 : 2人、女性 : 2人
        応募時年齢 31-39歳 : 2人、40歳以上 : 2人

  ● 平成26年度 (2014年度) : 7人
        性別 男性 : 4人、女性 : 3人
        応募時年齢 31-39歳 : 4人、40歳以上 : 3人

  ● 平成25年度 (2013年度) : 5人
        性別 男性 : 5人
        応募時年齢 31-39歳 : 3人、40歳以上 : 2人

  ● 平成24年度 (2012年度) : 5人
        性別 男性 : 4人、女性 : 1人
        応募時年齢 30歳以下 : 1人、31-39歳 : 2人、40歳以上 : 2人

  ● 平成23年度 (2011年度) : 2人
       性別 男性 : 1人、女性 : 1人
       応募時年齢 31-39歳 : 1人、40歳以上 : 1人

  ● 平成22年度 (2010年度) : 0人


エンジニア職応募者数 (平成24~26年度公募)

専門分野指定公募   募集人数 : 各1名
       公募総数 : 14
       (適任者がいないために再公募した数も含む。)
             内訳
                 応募者数5人以下   : 6
                 応募者数6-10人    : 7
                 応募者数10人以上  : 1
             平均応募者数  : 6人



お問い合わせ先 【定年制エンジニア職採用】

人材部門 人材開発・大学院室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1 TEL. 029-859-2555
E-Mail: nims-recruit=nims.go.jp([ = ] を [ @ ] にしてください)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029