産学独の力を結集した、オープンイノベーション拠点を形成する取組み

筑波研究学園都市には、30年の歴史を通して、多種多様の知見が創出され、なかでもナノテクノロジーに関しては一級の研究資源が蓄積されています。その利点を活かし、つくば市に世界的に魅力あるオープンイノベーション拠点をつくりあげようとする取り組みが始まりました。

News

「組織の枠を超えて新領域を開拓 TIA連携事業「かけはし」 が始まります」の画像
2016.07.14 更新 プレスリリース

組織の枠を超えて新領域を開拓 TIA連携事業「かけはし」 が始まります

-  新しい知の創造と産業界への橋渡しを目指して  -

2016.07.05 更新

2012.06.20 更新


TIA

関連画像
TIAは、NIMS、産総研、筑波大学、KEK、東京大学の5機関が、つくばにおいて研究・教育両面に亘る総合的な戦略とマネジメントの再構築と実行により、我が国及び人類社会の繁栄に貢献できるオープンイノベーション拠点「TIA」の形成を産業界とともに目指す取り組みです。


TIAナノグリーン

TIAでは、ナノテク分野の中でも下記の8つの研究領域にフォーカスして、産官学の資金・人材を集約して拠点研究を推進することになっており、その一つであるナノグリーン研究領域は、その運営をNIMSが中心となり進めています

関連画像


お問い合わせ先

TIA推進室
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL. 029-860-4955
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)