ホーム > 外部連携 / 大学院 > 医工連携に関すること > バイオマテリアルメディカルイノベーションラボ

医学と工学の融合で創造的研究を推進

バイオマテリアルを臨床応用するためには、臨床現場に従事するメディカルドクターなどと一緒に材料開発を進めることが必須です。NIMSは、NIMSで開発された世界レベルのマテリアル技術を臨床応用するための橋渡し拠点として、東京女子医科大学・早稲田大学連携先端生命医科学研究教育施設(TWIns)内に「バイオマテリアルメディカルイノベーションラボラトリー」を設置し、真の医工連携を行いながら世界トップレベルの材料開発を推進しています。

News

現在情報はありません

最新設備を使用した次世代型医療の開発

「TWins(東京都新宿区)にある、バイオマテリアルメディカルイノベーションラボラトリー」の画像

TWins(東京都新宿区)にある、バイオマテリアルメディカルイノベーションラボラトリー



医工連携 「TWIns」について

東京女子医科大学と早稲田大学は、将来のバイオ医学関連、生命医療系分野における更なる可能性に向けて、医工融合研究教育拠点である「東京女子医科大学・早稲田大学連携先端生命医科学研究教育施設」を2008年4月にオープンしました。
東京女子医大の"T"、早稲田の"W"、そして"Institution"を組み合わせて、通称「TWIns (ツインズ) 」と命名しました。

「TWIns 関係図」の画像

TWIns 関係図




複合化生体材料グループ グループリーダー

(あおやぎ たかお)

青柳 隆夫

(あおやぎ たかお)


お問い合わせ先

生体材料センター 複合化生体材料グループ
〒305-0047 茨城県つくば市並木1-1
TEL: 029-851-3354 (内線: 8766)
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029