ホーム > 外部連携 / 大学院 > 学術連携に関すること > 連携活動 > 世界材料研究所フォーラム (WMRIF)

世界材料研究所フォーラム(WMRIF)

グローバルな研究協力体制で材料研究を推進する世界的な組織

2005年6月に世界8カ国、15の材料研究所長がNIMSに集い、第1回世界研究所長会議を行いました。その中で、世界の材料研究機関でネットワークを構築し、相互情報交換、研究施設の相互利用等から革新的な研究成果を挙げるとともに、材料研究に関する今後の世界戦略について議論するために、世界材料研究所フォーラム(World Materials Research Institute Forum -WMRIF)は設立されました。

WMRIFのあゆみ

2007年6月、ドイツのベルリンにて開催された第2回所長会議で、NIMS前理事長の岸NIMS顧問が初代議長に指名され、その指揮のもと7つのワーキンググループを結成し、材料研究における問題点の追求や、共同研究を更に推進していくことが決議されました。2011年に中国の瀋陽で開催された第4回会議では、岸NIMS顧問は名誉議長に選出され、現在NIMSはWMRIF Presidential Boardにボードメンバーとして名を連ねています。現在では、世界21カ国から50の材料研究所がWMRIFに加盟し、世界の材料研究戦略を打ち立てる影響力のある機関へと発展しつつあります。

「WMRIF 名誉議長岸 輝雄」の画像

WMRIF 名誉議長
岸 輝雄


WMRIF 2005 開催地 : 日本・つくば (NIMS) 参加国:8カ国/15機関
WMRIF 2007 開催地 : ドイツ・ベルリン (BAM) 参加国:20カ国/31機関
WMRIF 2009 開催地 : アメリカ・ワシントンDC (NIST) 参加国:19カ国/28機関
WMRIF 2011 開催地 : 中国・瀋陽 (IMR) 参加国:14カ国/29機関
WMRIF 2013 開催地 : スイス・デューベンドルフ (EMPA) 参加国:13カ国/24機関
WMRIF 2015 開催地 : アメリカ・プレザントン (LLNL) 参加国:12か国/21機関


世界材料研究所フォーラム総会

「第6回WMRIFシンポジウム参加者」の画像

第6回WMRIFシンポジウム参加者


世界材料フォーラムは2年に1回、加盟機関による総会と最近の注目研究に焦点を当てたシンポジウムを開催しています。
第6回総会は、2015年9月に米国カリフォルニア州リバモア研究所で開催され、同時開催のシンポジウムでは、計算材料科学、計測、クリティカルマテリアルをテーマとした最新の研究成果が発表されました。

若手研究者国際ワークショップ

世界材料フォーラムでは2年に1回、若手研究者を対象とした国際ワークショップを開催しています。
2016年はNIMSがホスト機関となり、11月の開催を予定しています。題目は「革新的構造材料と情報統合型物質・材料開発」です。

WMIRFの取組み課題

この、環境・エネルギー問題解決に資する材料戦略を推進するために、WMRIFでは以下の事項を取り組み課題と定め、その達成に向けた体制作りをグローバルな連携により進めています。

  • 共同研究のための研究資源マップ作成
  • 技術アウトルックの共同作成
  • 若手研究者の教育と育成
  • データベースの共有化


WMRIF加盟機関 

(2016年4月現在、21カ国50機関)


WMRIFに関するお問い合わせ先

WMRIF事務局
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
国立研究開発法人物質・材料研究機構
〒305-0047 茨城県つくば市千現1-2-1
TEL.029-859-2000 (代表)
FAX.029-859-2029